共通点がある!本が住宅に似てる理由!?

先日の雑誌があれこれ
という話ですが、

⇒ http://dtoac.com/blog/20140727/9238

本って面白いのが、

似たようなテーマの本が
結構いっぱいあるんですよ。

値段も同じような具合で。

そんなたくさんある中で
手にとってもらうために、

表紙のコピーに力を入れたり、
WEBやチラシなどでも告知したり、

店舗をバックに付け、
いい場所を確保したり・・・

電子書籍で読めるとはいえ、
まだまだ印刷物で買う人は多いです。

そして、このテーマで、
なんとなく良いのがないか
探しているという人も来て、

いいのが見つかれば衝動買いします。

・・・なんだか、似てます。住宅の集客と。

■似たようなテーマ・・・

ローコスト住宅の会社はいっぱいある。
自然素材を扱う会社もいっぱいある。
デザイン系の会社もいっぱいある。

■表紙のコピー、WEBやチラシなど・・・

マーケティングですね。

■店舗をバックに・・・

良い土地を紹介してもらえる
不動産屋などですね。

■電子書籍という新しい分野・・・

中古マンション+リノベーション。

増えてきているとはいえ、
まだ新築戸建住宅の方が
圧倒的に数は多いです。

■なんとなく良いのがないか探している人・・・

漠然と2~3年後に家を考えている人

という具合に似てませんか?

って考えると、

買ったその1冊の本の
購買理由って、集客の
参考になると思いませんか?

結局、本が欲しいというより、

本に書かれてある情報で、
今ある悩みや問題を解決したい
ってことですよね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem