「箱の産業」はもう読みましたか?

以前も紹介したのですが、

「箱の産業」という
プレハブ住宅技術者たちの証言を
まとめた本を、改めて読み返しています。

⇒ http://dtoac.com/blog/20131123/5109

この本読むと、
モチベーションが上がるんですよ。

誰も何もしていない、また
何も決まっていない時代に、

新しい何かを作り出そうとする
その動きは、時代を超えて、
心を動かしてくれるんですよね。

プレハブ住宅という言葉は、最近では、
あまり言われなくなりましたが、

高度経済成長の追い風に乗り、

地域の工務店に代わり、
一気に住宅産業の大きな一角を
占めるにいたりました。

その勢いと共に創業者の
突き抜けようとする計画の陰には、

技術や法規の壁を乗り越え、
プレハブ住宅を実現させた
技術者たちの情熱があります。

もちろんクレームもあるのですが、
それも必死で対応しているその様子を
読み取ることができます。

実は、この本、
かなり気に入っていまして、

20~30代の若い技術職の方には、
会うたびに、必ず読むように伝えています。

本書の気になった要所要所を
このメルマガでも取り上げて、
書いていこうと思います。

お楽しみに♪

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。