設計事務所は400年に一度の大仕事をしている!?

日本の住宅建築は400年ごとに
革新を遂げてきていると言われています。

1.西暦元年の頃は竪穴式住居で、自分で家をつくっていた。
2.西暦400年に高床式に移った。

竪穴の湿気の多い不衛生な環境から、
乾燥した通風のよい快適な高床式への移行。

3.西暦800年になると、寝殿造りが盛んになった。

宗教心も高まり、神社仏閣が数多くつくられるようになった。
それが住宅建築のモデルとなり、寝殿造りとなった。

4.さらに、400年後の西暦1200年には、戦国時代に突入。

戦火で焼け落ちない耐火性の強さなどを求められ、
白壁や瓦を使った、武士の家としての武家づくり、
別名「書院造り」が住宅のモデルとなった。

5.平和な時代の西暦1600年になると、

千利休らの影響で、わび、さびを基調とした数寄屋造りが生まれる。
今で言う在来木造軸組み工法。

ここまでのこの話、

建築家の菊竹清訓氏が説いている話なんです。

さて、ここからは、オリジナルです。

そして、400年が経ち、いま2000年代に突入しました。
次なる革新とは・・・

とある方は、「パネル工法」とおしゃっていました。
とある方は、「200年住宅」とおっしゃっていました。
とある方は、「建築家との家づくり」とおっしゃっていました。

さて、あなたはどんな風に感じていますか?

私は、女性(女性の感覚)がホントの意味で、
男性(男性の感覚)と同等の立場で仕事ができる環境が、

この業界に備わったとき、
間違いなく、革新は起きるそう信じている。

・・・と、感じています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem