気分をぐっと盛り上げて、奮い立たせよう!

猛暑、熱帯夜の連続で、
滅入ってしまいそうな今日この頃です

仕事で、プレッシャーを感じたり、気落ちしているとき、
いろんなことをして、モチベーションを上げるのですが、

その一つに、とある動画を観たりします。

アップル CEO スティーブ・ジョブス氏の演説です
話の中で、3つのストーリーを紹介されます。

「点と点をつなぐ話」
「愛と敗北について」
「死について」

自分が好きなのは、最初の「点と点をつなぐ話」

その話を抜粋しますね。

”未来に先回りして点と点をつなげることはできない。
君たちにできるのは過去を振り返ってつなげることだけなんだ。
だから点と点がいつか何らかのかたちでつながると信じなければならない。
自分の根性、運命、人生、カルマ、何でもいいから、とにかく信じるのです。
歩む道のどこかで点と点がつながると信じれば、自信を持って思うままに生きることができます。
たとえ人と違う道を歩んでも、信じることが全てを変えてくれるのです。”

 
 
自分の場合、

まさか、自分が今の仕事に就くなんて、夢にも思わなかったのです。
少し毛嫌いしていた部分もあったし、学部も違う方向だったし、

また、いざ関わるようになったとはいえ、
他業界からやってきたため、建築の知識や技術なんて備えてないし、

入ったばかりの当時は、
今までやってきたことはもう必要ないのかなとも思っていました。

だから、まずは目の前のことをガムシャラにやってきたのです。

でも、今考えると、
それも一つの点であり、その前のことも一つの点である。

そして今は、それをつなげることができています。

それができているのは、
過去に気付けているからかもしれません。

でも、数年後からみたら、この今も、一つの点なんだろうな・・・
そしてそれは、数年後の今と、つなげられているだろうか・・・

この演説を聴いたとき、
自分を信じることが、どれだけ強いことなのか?

なんとなくわかった気がします。

自分を信じ通せるだけ、
いっぱい遊んで、いっぱい学んで、いっぱい働いて・・・
そして、目一杯、自分を信じよう

そんな気にさせてくれる演説です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem