学ぶための最初の一歩は、目的を持つこと

たくさんの刺激や情報を得たくて、

いろんな方の話を聞いたり、
セミナーに行ったり、勉強会に行ったり
美術館行ったり、展覧会行ったり、

するのですが、

その中で、最近は人の話をよく聞くようになりました。
 
 
二十歳前後の頃は、

「面倒くさいなぁ・・・他にもやることもあるしなぁ・・・」とか、
「本当にこの人から学ぶ価値があるのかな?」とか、
聞いているようで、聞いてないことばかりでした。

でも、最近は不思議なことに、

相手の話す内容や質に関係なく、
必ず受け止めるようにしています。

以前は、人によっては聞かなかったり、ムダだったなと、
思うことが結構ありましたが、今はほとんどありません。
話の内容が良かれ悪かれ、必ず一度は受け止めます。

・・・なぜでしょうか???

多分、自分の中で「学びたい」という意識をしてきたことが
大きく影響しているのかもしれません。
 
 
学ぶための最初の一歩は、

「目的を持つ」というのが良いと感じています。

もちろん、人の話だけではなく、
仕事だって、勉強だって同じです。

とはいえ、「目的を持つ」って難しいです
 
 
個人で動くぶんには、目的は
その人が好きに決めれば良いと思ってます。

でも、関わる人数が多くなる場合は、
「目的の共有」が大事なんだと感じてます。
 
 
何年か前から、芸人の有吉弘行さんが、

「番組のために」「一番に番組の事を考える」

という言葉をよく使っています。
その結果、いまや引っ張りだこです。

好き嫌いはあるでしょうが、
ここ数年で一番力をつけた芸人だと思ってます。

「目的を持つ」

ちょっとした意識でステップアップできるのだから、
楽しくできるはずですよね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。