工務店・設計事務所のマーケティングには「メッセージ」が大切!

商品が決まれば、いよいよ、
『マーケティング』、そして、『セールス』
の段階に入ってきます。
あなたの『商品』をどんどんPRして、
世間に知らしめていく必要があります。
『マーケティング』を仕掛けていく上で、
必ずやらなければならない工程が、
『メッセージ作り』です。
『メッセージ』(あなたが発信する情報の核となるもの)が
弱いと、マーケティングの効果が半減します・・・。
ただ・・・
いきなり『マーケティング』が
スタートできるわけではありません。
マーケティングの基本は、
1.誰に
2.何を
3.どのように伝えるか?
この3要素を考えることだと言われています。
———————————————————-
1.誰に ⇒ ターゲット
———————————————————-
そして、
———————————————————-
2:何を ⇒ 核となる「メッセージ」
———————————————————-
「何を=商品」ではなく、
「何を=商品が持つメッセージ」です。
 
例えば、有名なのはスターバックスです。
「単なるコーヒー」を売るのではなく、
「サードプレイス(自宅でも仕事場でもない、第3の場所)」
というメッセージを売っているわけです。
このメッセージが弱いものならば、その後の
「3.どのように伝えていくか?」
意味をなさなくなってきます。
いくらメルマガやブログを始めて、
あれこれ広告を打ったとしても、
元々のメッセージが弱ければ、インパクトが少なく、
心に響かず、記憶に残らない、欲しくないもの・・・
・・・・・になってしまいます。
 
とにかく、マーケティングには「メッセージ」が大切。
 
人を引きつけ、
「あなたに設計をしてもらいたいです!」
と言わしめるような
マーケティングの核となる、
あなたの商品の魅力を伝える
強力な「メッセージ」を作り上げていきましょう。
メッセージを作りやすくするために、
———————————————————-
1.デザイナー・コーディネーターとしての肩書き
2.魅力的な商品名
3.その商品を魅力的に表現するキャッチコピー
———————————————————-
この“3点セット”で考えてみましょう。
「3」のキャッチコピーは、マーケティング的用語で言えば、
USP」(ユニーク・セリング・プロポジション)に
該当するものです。
ここでは特別に、「3」のキャッチコピーを作る際の、
「ある強力な雛形」をご紹介しますね。
“ベネフィットA”を手に入れて、“ベネフィットB”になる方法
これは、本当に使える雛形です。
世の中のキャッチコピーの7~8割は、
この雛形を使っているのではないでしょうか。
それぐらい基本中の基本です。
メッセージを作る際だけでなく、
色々な場面でのコピーを作る際・・・
メルマガのタイトルやブログの件名、
セールスレターの作成・・・にも使える雛形です。
私も「使用頻度No.1」の雛形です。
ぜひ自分のモノにして、使いこなしてみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem