工務店・設計事務所が早く結果が出るオフラインのマーケティング

インターネットなどのデジタルではなく、
「アナログなオフラインのマーケティング」に
力を入れていますか?
例えば、「レーザートーク」
「レーザー」とは、
「レーザー=Laser(光線)」ではなく、
「レーザー=Razor(カミソリ)」のこと。
「カミソリのように、スパッ!と切れ味鋭いトーク」
という意味です。
これは、別名“エレベータートーク”とも言い、
「エレベーターが目的階に着くまでの短時間で、
相手を説得するトーク」
という意味です。
短時間であなたの商品やサービスの魅力、
そしてあなた自身を、的確に、インパクトを持って伝え、
相手が、「もっと詳しく話しを聞きたい!!」
と思わず身を乗り出すしてしまう・・・・
そんな切れ味鋭いPRトークのことです。
レーザートークは、
マーケティングを行う中でも最もベースになる、
超重要かつ便利な“ツール”です。
レーザートークをそのまま紙面に落とせば
「チラシ」になります
ネット上にアップすれば、そのまま、
「メルマガ」や「ホームページ」に活かせます
一度、強力なレーザートークを作っておけば、
後々のマーケティングやセールスが
本当に楽になってきます。
レーザートークには、
『盛り込むべき5つの要素』というものがあります。
“これ”が盛り込まれたレーザートークは、
かなり強烈です。
ちなみに、私も「この5つの要素」が
盛り込まれたレーザートークで、
ネットだけでなく、リアルの場面でも、
どんどん顧客を獲得しています。
最速で顧客を獲得したいなら、
やはり、“オフライン”です。
ネットマーケティングは、
仕組みを作っていく必要があるため、
成果が出るのに少し時間が掛かります。
早く結果が出るのでは、圧倒的に
「オフラインマーケティング」です。
是非、この「5つの手法」の、どれから1つからでも
取り組んで頂きたいと思います。
『盛り込むべき5つの要素』
////////////////////////////////////////////////////
 
1.   商品名、肩書き
 
2.   どのようにお客様が変わっていくのか(before-after
 
3.   具体的にどのようにデザインしていくのか
 
4.   なぜ、あなたがそのようなデザインができるのか
(他のデザイナー、コーディネーターとの違いなど)
 
5.   まずは具体的に何をするのか(何をしてほしいのか)
////////////////////////////////////////////////////
出来上がったレーザートークは、
実際にPRするためのツールに落とし込んでみてください。
例えば、名刺の中にあなたのキャッチフレーズを盛り込む、
裏面に商品の内容を記載するなど。
あるいは、チラシをつくるというのもいいと思います。
 
やはり、言葉だけでなく、ものを渡すことで、
相手も見て、後々まで覚えてもらえるとか、
家に持って帰って見るという機会もあるので、
チラシをつくるということも必要ですね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem