工務店・設計事務所がコピーライティングを取り入れるときに気をつけたい3つのこと

売るための広告文作成から、取引先とのメール、
建て主へのプレゼン・・・

コミュニケーションを取る以上、

どれもに文章はなくてはならないものであり、
コピーライティングは活かせるスキルでもあります。

コピーライティングとは、

●宣伝・広告を打ち出す時には 
 “最大限に費用対効果を高める” 言葉の武器となり

●仕事でのメールやプレゼンなど文章を使う際には、
 “相手に信頼とを与える” 言葉の武器となり 
“相手を惹きつける” 言葉の武器にもなる 

そんなスキルのことです。

コピーライティングを書き上げるにあたり、
守るべき最重要の3つのことをお伝えしておきます。

【コピーライティング最重要3ヵ条】 

●テストを必ず行う 

●見出しで成約率は決まる 

●相手に役に立つ情報だということを伝える



これはコピーを作成する際、
「あ、そんなことあったな」程度の認識の方がけっこう多く、
実際にほとんどの方ができていません。

・・・ということは

これはチャンスなのです。

このたった3つのことができるだけで
あなたは他の方より一つ抜きんでた存在になれるということです。

安定して集客できる方のその秘訣は
“シンプルな3つのこと” が出来ているからです。

これら、文章の書き方をマニュアル化されたものが
無料でプレゼントされています。
是非一度読んでみてください。
→ 「売れる文章の書き方36」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem