コピーライティングするときの裏技を公開!

文章を書くとき、誰もが手が止まります。
私も止まりますし、それが普通です。

設計事務所は本来、
文章を書くことが仕事ではないですから、
なおさら手が止まることが多いでしょう。

でも、手が止まらない最も簡単な方法があるのです。

まずはこれを意識しておけば、売れる文章が書けます。
ある意味【コピーライティングの裏技】かもしれません。

それは、、、

【 真似るです。】

もちろん、

そのままコピーして、
自分の書籍やサイトに使ったら違法です。

そのままコピーするのではなく、

他人の文章を参考にして、自分の文章を書く

ということを意識してみてください。

例えば、メールマガジンを書くときは
他人のメールマガジンを見ながら書くんです。

タイトルや出だしの切り出し方とか
メルマガ内のリンクへ持っていきかたとか。
何をどんなふうに紹介しているのだろうとか。

いいなと思う記事を分析して、
頭の中で理解して、書きはじめてみましょう。

手が止まったら 何か参考にする文章を見つける。
ということを意識してみてください。

また日頃から、参考にする文章を
見つけてストックするのもいいですね。

あのイチローもこんなことを言っています。

最初は真似みたいなところから始まりますよね。
いろんな人のフォームを真似たりして。
何となく今の自分がいるという感じはありますよね。
 

– イチロー 『イチロー262のメッセージ』より

心理学では “モデリング” ともいいます。

売れている文章をモデリングすることで

自分の視点では、今まで気付けなかったことがわかり、
そして売れる文章とはどのようなものか、
その感覚が自然と身に付いてくるはずですよ。

そういった文章の書き方のマニュアル化されたものが
無料でプレゼントされています。
是非一度読んでみてください。

→ 「売れる文章の書き方36」

追伸

この裏技、設計やデザインにおいても、使えますね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。