家づくりに取り入れて欲しいデザイン思考・5つのステップ

以前も紹介しました、デザイン思考

この考え方はかなりおススメです!!!

集客後、建主(クライアント)と
家づくり・設計を進める上でも、

デザイン思考を取り入れることで、
建主(クライアント)に対して、より濃い、
より満足してもらえる提案ができるのです!

デザイン思考・5つのステップ

Step1:共感

「意味あるイノベーションを起こすには、ユーザーを理解し、彼らの生活に関心を持つ必要がある」

これはヒヤリングにあたりますよね。
建主であるクライアントに対して、理解をし、生活・暮らしに関心をもつことで、信頼関係を得ることができます。

Step2:問題定義

「正しい問題設定こそが、正しい解決策を生み出す唯一の方法」

これは、問題発見力とも言えますね。

クライアントが抱えている顕在的な問題だけでなく、潜在的な問題を発見することが大事になってきます。クライアントは意外と、真の問題に気付いてものなのです。

正しい問題を発見をすることで、問題解決の半分は終えていると言っても過言ではありません。

Step3:創造

「正しいアイデアを見つけるためではなく、可能性を最大限に広げるために行う」

Step2で問題の特定ができたなら、解決策の創造へと進めていきます。
多量・多様なアイデアを得るためのブレインストーミングなど、問題解決の可能性をどんどんと出していきます。

Step4:プロトタイプ

「考えるために作り、学ぶために試す」

Step3で出てきたアイデアを、クライアントがよりよく見える状態にする必要があります。ラフ案を描く、模型を作るなど、アイデアをカタチ化するということですね。

機能性があるかどうか、共感・ワクワク感があるかどうか、
クライアント側の立場に立った視点が大事になってきます。

Step5:テスト

「テストは、自分の解決策とユーザーについて学ぶための機会」

これまでのステップで出された案を提案し、
建主(クライアント)がその提案の中でイメージしてもらいます。

そうすることで、新たな共感、新たな問題がでてきて、
建主(クライアント)に対する
より深い理解を得ることができます。

以上の5ステップとなります。
この考え方は、問題解決に非常に効果的です!!!
ぜひ取り入れてみてください。

ver0.7-25steps05

スタンフォード大学ハッソ・プラットナー・デザイン研究所
「デザイン思考 5つのステップ」より

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem