提案プランができても、相談してはいけない相手とは?

クライアントに提案するプランができたら、
不安を取り除くため、誰かしらに相談しますよね。

でも、一見相談した方がよさそうに見えて、
相談してはいけない相手がいるのです。

その相手とは???

プラン相談

相談した方がよさそうに見えて、相談してはいけない相手とは?

1.部下

あなたがもし所長(社長)なら、部下(社員)は顔色を伺います。
そんな関係性の中、所長(社長)から「このプランどう?」と聞かれたら、「いいですね」と答えるしかないですよね。指摘があっても、凡ミスなどの間違い程度で、部下(社員)からは本質をついた返事は返ってきません。
 
 

2.家族

家族仲が良くなければ、否定されるでしょうし、(そもそも相談しないか(苦笑))家族仲が良ければ、肯定されるでしょう。

「一生懸命考えた」=「いいね!」という、行為そのものの評価をしてくれるだけで、これも本質をついた返事は返ってきません。
 
 
 
以上となりますが、

なぜ上記のような方達が、相談した方がよさそうに見えて、
相談してはいけない相手なのでしょうか???

結局のところ、お金を出して住む人たちではないからです。
いい加減に答えているわけでないのでしょうが、本質をつかんだ返答ではないのです。
  
 

相談相手=お金を出しくれる方

お金を出してくれる方といえば、「建主」ですよね。

その出来上がったプラン、プレゼンをする前に、
現在進行中の別のお施主さんに見せてみてはいかがでしょうか?

意外と本質を突いた返事が返ってきますよ。
 
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem