住宅の図面をオープンソース化する!?

建築や住宅には、著作権が
長く認められてこなかった歴史があります。

最近でこそ、設計図書の著作権が
問われはじめる動きが出てきていますが、
業界全体でみると、まだまだな気がします。

一方、音楽などの分野では、行きすぎというくらい
著作権に対して敏感である反面、
権利を一部放棄する「クリエイティブ・コモンズ」という
動きもでてきています。
 
 

新しい提案「建築のクリエイティブ・コモンズ」

実は2010年に、建築の著作権問題を前進させる手がかりとして、
「建築のクリエイティブ・コモンズ」を提案した方がいました。

▼建築家の住宅図面を売る「CCハウス」の試み
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20101207/544611/

C.C. House Exhibition taken place from 29 Nov to17 Dec.

C.C. House Exhibition taken place from 29 Nov to17 Dec.

建築家の吉村靖孝氏の提案で、
建築家の著作物・住宅図面を“商品”にするという
面白い取り組みです。
 
 
著作権を緩やかにすることで、
音楽分野ではリミックスやサンプリングという
クリエイティブで新たな流れが生まれたように、

建築家が設計する住宅の図面を、改変できることを前提とし、
オープンソース化することで、
図面の購入者が、自由にカスタマイズでき、
オリジナルの家を建てようという提案なのです。
 

 
図面に値段をつけて売る。
なおかつ、購入者による改変を認める。

 
 
2010年の公表以降の動きがとても気になるところです。
 
 

図面に対する価値観を変えてみる。

設計事務所が汗をかいて、必死で作り上げた図面も、
同業の設計事務所や、工務店、ハウスメーカーなどに、
いとも簡単に、パクられます(泣)

取り締まっても切りがないイタチごっこなのです。

IMG_0156 
 
だからこそ、図面に対する価値観を変えていく必要があります。

例えば、出来上がる図面そのものに価値を持つのではなく、
それを生み出す行為そのものに価値を持たす。

そうすることで、設計事務所として、
より活動の幅が広がるのです。
 
 
参考記事
▼CREATIVE COMMONS HOUSE EXHIBITION
▼住宅建築の新発想を提案する「CCハウス」展
 
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem