建築家になりたいのか?デザイナーになりたいのか?

「僕は建築家になりたいんです。」「いや、私は建築家にはなりたくない。」など、住宅の意匠系設計事務所の設計士が目指す先には、

  • 建築家になりたいのか?
  • 住宅デザイナーになりたいのか?

に分かれてきます。あなたはどちらになりたいでしょうか?

IMG_0165

この2つ、似ているようでいて違います。この違いはまさに、クリエイターとデザイナーの違いと同じです。その違いを説明されているブログがありましたので引用させていただきました。

引用先:社会を知らない事はデザイナーにとって致命的かもしれないがクリエイターにとっては好都合なことも。

デザインの対象はいつも社会なわけです。

ということは、
デザインをする事は社会を理解していないと出来ません。社会を知らないと、どこかに「違和感」が生じてしまいます。どんなに綺麗なデザインでも、表現出来ていなければデザインとは呼べないじゃないですか。それはある程度クライアントの仕事、と切り捨ててしまえば終わりなんですが、それって良いデザイナーなんでしょうか?

よくデザイナーとかって「医者」と例えられる事が多いですが、クライアントが相談しにくる時、悩みは本当ざっくりしてるはずです。どんな事を表現したいか、どういう方法で表現する事が効果的か、わからない人は、わかる人に相談する。だからこそ商売になるんじゃないですかね。

デザインの対象は社会であり、医者の例にもあるように、デザイナーの役割は、クライアントの悩みや問題を解決することが商売へとつながってくるのです。さらには、クリエイターについても述べられています。

クリエイターって、社会に対してインパクトを与える必要があると思います。
今までに無い凄いモノを作りたい。そんな純粋な動機がパワーだと思うんです。

社会を知っていれば、当然、誰も思いつかない事が考えられるかもしれません。いわゆる市場調査ですね。
ただ、反面、変なバイアスがかかる事があります。
他社ではこのようなサービスがある、だから少し違う事を狙わないといけない。
そんな事ばかりにとらわれてしまうと、非常に狭い部分で考えてしまう事になるかもしれません。
「世の中に無い新しいモノ」
これって、よく言うケミストリーみたいなモノが大きいと思うんです。

つまりは、今までにないものを作るクリエイター(建築家)にとって、社会とのつながりは時に邪魔になってしまうとのこと。確かに、突発的なアイデアを出す建築家の方には、社会性が乏しいといいますか、結構な確率で人に嫌なヤツだと思われがちな方が多いですね(苦笑)

デザイナーは、市場が何を求めているかを考え、建築家は自分が何を作りたいかを考える。

上記のことから結論付けるなら、

  • 住宅デザイナー = 市場が何を求めているかを考え、進めていく。
  • 建築家 = 自分が何を作りたいかを考え、進めていく。

ということになります。

建築家を否定しているわけではありませんが、どちらが世の中に求められる人材なのかを考えたら、私自身は、設計というスキルを用いて、クライアントの問題を解決するデザイナーが増えてほしいと願っています。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem