Googleからの警告!スマホアクセスにFlashは×!

Googleのスマホ最適化支援サービス「GoMo」

Googleのスマホ最適化支援サービス「GoMo」

Googleが、スマートフォンに対して不適切なサイトの
検索順位を引き下げる計画を発表しました!

「スマートフォンユーザーへの更なる検索体験の向上と、スマートフォン環境での閲覧の支障を減らすため、Googleでは近日中に、誤った設定をおこなっているスマートフォン向けサイトに影響のある、いくつかのランキングの変更を予定しています」

 ・グーグル、スマホ対応が不適切なサイトの検索順位を引き下げへ – CNET Japan
 ・スマートフォン向け検索でのランキングの変更について
 
  
下記の例はよく見られる2つのミスとして、発表されています。
ぜひ参考ください。

間違ったリダイレクト

デスクトップユーザー向けページを訪れたスマートフォンユーザーをリダイレクトする際、それぞれに対応するスマートフォン向けページではなく、単一のスマートフォン向けトップページにリダイレクトする。

image00
スマホで「設計例のページ」にアクセスしたのに、
なぜかスマホサイトの「TOPページ」に飛ばされるということですね。

だから、またわざわざクリックして、見たいページまでいかなければならない状況です。
スマホの場合は、クリックすることがPCより手間なので、好まれない状況ですよね。
 
 

スマートフォンでのみエラーが発生する

デスクトップ環境ではうまく再生できるのにスマートフォン端末で再生できない動画をページ上に埋め込んでいる。たとえば、Adobeの「Flash Player」が必要な動画など。

モバイルに最適化されたサイトがない場合に、モバイルユーザーに対して、デスクトップ向けページを表示する代わりに、エラーページを表示している。

これは、検索順位を下げると断言されております。
アドビが怒ってきそうですね(笑)

ページをAdobeのFlashで作りこんでいる方は、まだいらっしゃいますよね。
「かっこよく見せたい」「楽しく見せたい」というところが多いようです。
 
 
私はiPhoneユーザーですが、サイトを見ていて、
「Flashで見えない・・・」というサイトは飛ばしてしまいます。
こういうのにあたるとやはりイラつく方は多いはず。
 
 
もちろんスマホ用に別のトップが用意されていて、
そちらではFlash使わないという仕様なら問題なく、

最近では、トップにPC用のFlashを使っていても、
スマホサイトには使わないようにしてますね。
 
 

検索されたQに対して、最も適切なAを届けたい

・間違ったリダイレクト
・スマートフォンでのみエラーが発生する

確かに、どちらもスマートフォンユーザーからすると
ありがたくないことですね。
 

大事になってきますね、スマートフォン対応。
ユーザも増えてますから、BtoCビジネスは、
絶対にスマートフォン対応はした方が良いですね。
  
Googleが大事にしているのは、
 検索されたQ(クエスチョン)に対して、
 最も適切なA(アンサー)を届けたい

ということです。
 
 
話はそれるかもしれませんが、
家づくりも一緒のような気がします。

建主のQに対して、
設計事務所や工務店が、適切なAで応える。

大事なことですね。
 
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem