設計事務所が行うべき戦略とは?

「戦略」と「戦術」という言葉がありますが、
この2つの違いを知っていますでしょうか?

売上を2倍3倍にガツンと
アップさせるためには、

この戦略と戦術の違いを理解することが、
とても重要になってきます。

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

戦略と戦術の違いとは何か?

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

まず「戦術」ですが、

戦術とは、読んで字のごとく、
「戦う術」を意味します。

これは、売れるホームページサイトや
広告を実施することを指しています。

この戦術の部分についての話は
ネットでも多く出回っています。

ですが、戦略については、
あまり詳しく触れていません。

戦略とは何でしょうか?

戦略とは、「戦いを略す」
簡単に言えば、戦わずして勝つ方法です。

戦わないで勝てるのであれば、
その方が良いに決まっていますよね。

これは、

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

“ブルーオーシャン市場を見つけること”

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

を指します。

つまりは、「ライバルがいない」市場です。

ライバルがいなく、市場を独占できれば、
戦う必要はないですし、
売上を確保することができます。

では、設計事務所が行うべき戦略とは
どのようなものなのでしょうか?

それは、以下の3つになります。

1.設計事務所のターゲット戦略

2.設計事務所におけるポジショニング戦略

3.設計事務所における3C分析

この3つはとても重要なので、
明日から一つずつお伝えしていきますね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem