設計事務所のターゲット戦略とは?

井内です。

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

設計事務所のターゲット戦略とは?

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

設計事務所のターゲット戦略について
詳しくお話をしていきましょう。

世の中には、売れない商品が
突然売れるようになる現象があります。

この現象が起こる理由は様々ですが、
その中でも一番多いのが、

「商品を売る相手を変える」

ということです。

ビジネスはそもそも、
相手の悩みや問題を解決することで
成り立つものです。

その解決するものとして、
商品やサービスがあるわけです。

それは家づくりも同じです。

どんなに素晴らしい商品やサービスでも
悩みも問題もない人には売れないのと同じで、

どんなに素晴らしいデザインや間取りでも
家を建てたくない方には売れません。

まず、ここは基本になります。

では、どうすれば売れるようになるのか?

そのためには、

┛┛┛┛┛┛

絞り込む

┛┛┛┛┛┛

を意識してください。

別の言い方をするなら、

「○○専門」

の○○を考えるということです。

ワンダという缶コーヒーを知っていますか?
今はAKB48がCMに出ていますね。

実は、このワンダという缶コーヒーは、
この絞り込みを化させることで、

売上を2倍以上アップさせました。

その方法は、「朝専用」という
缶コーヒーにしたことです。

これは、時間軸をもとに、
絞り込みをしています。

ワンダは、商品を変えたのではなく、
朝専用という絞り込みをしただけなのです。

たったそれだけのことで、
売上が2倍以上アップするわけです。

時間以外にも絞り込むことのできる
要素は数多くあります。

・性別で分ける
・年齢で分ける
・業種業界別で分ける
・趣味、思考で分ける
・地方で分ける

などなど。

いまや、「建築家」という肩書きの方は、
かなりの数が増えました。

また、住宅をデザインする方々の数で言えば、
数え切れないほどの方がいます。

2000年頃であれば、「建築家」は
住宅ではまだ遠い存在であったため、

貴重性から、その肩書きだけでも、
仕事へと繋がりました。

ですが、かなりの数のいる今では
そうはいきません。

数が増えたため、他とどう違うのかが
一般の方にはわかりにくいのです。

だからこそ、「絞り込む」ことが
重要になってくるのです。

あなた自身のターゲット戦略は
つかめそうでしょうか?

明日は、ポジショニングについて
お届けしますね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem