設計事務所の3C分析とは?

井内です。

今日は、3C分析について
詳しく話をしていきたいと思います。

実は、この3C分析は、戦略の部分でも
もっとも大事な核になります。

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

なぜ3C分析が大事なのか?

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

3C分析とは、

Campany(自社の強み)

Competitor(競合との差別化)

Customer(顧客の欲求)

この3つを分析していくことです。

この3C分析をすることで何がしたいのか?

それは、以前のメルマガの中でも
少し触れました、

“ブルーオーシャンを見つける” ためです。

自社の強みが最大限に活かせていて、
競合との差別化が出来ていて、
さらには、顧客が求めているのなら

間違いなく、売れると思いませんか?

この3つのCが重なっている部分を
発見できたなら、間違いなく、

あなたの設計やデザインは売れます。

そして、自動的に集客ができる仕組みも
作り出すことができます。

ですので、是非3C分析は実践してください。

さらに、3C分析の実践には順番が大事です。

 1.Customer(顧客の欲求)
 2.Competitor(競合との差別化)
 3.Campany(自社の強み)

の順番で行ってください。

まずは、顧客が求めていることは何か?

その中で、商圏内の競合がしていないこと、
もしくは努力すれば勝てることは何か?

さらにその中で、自社の強みを
活かすことができるのは何か?

という順番で考えてみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem