いいものをつくれば勝てるという考えは間違っている。

先日、「コトラー・カンファレンス 2013」(主催:日本マーケティング協会、日本マーケティング学会、ネスレ日本株式会社)にて、現代マーケティングの第一人者であるフィリップ・コトラー氏が「マーケティングの未来:成熟市場で日本企業がとるべき8つの方法」と題して講演を行いました。

コトラー・カンファレンス 2013

コトラー・カンファレンス 2013

コトラー氏、低迷する日本を語る「いいものをつくれば勝てるという考えは間違っている。顧客を知ることも大切です」

 

住宅業界にいま足りないのはカスタマー

コトラー氏は講演の中で、いま足りないものを「カスタマー」であると唱え、顧客になるだけでなく、商品やサービスにコミットしてくれる人が必要と唱えています。※コミット = かかわり合うこと。関係すること。

顧客になるだけでなく、商品やサービスにコミットしてくれる人。さらには「彼らに会社を愛してほしい」と語る。ここで「カスタマーオーナー」という考え方を紹介。これは、まるで会社のオーナーのように、その会社のために献身的な活動をしてくれる顧客を指し、購入して気に入ってくれたら他の人に勧め、製品やサービスについてのアイデアをくれる顧客のこと。「カスタマーの10%でもそうなってくれたらいい」と言う。

施主の全てがそうなることは難しいですが、あなたの設計や考え方に賛同してくれるコアな施主は、財産になります。

また、そのコアな施主がイベントを行ったり、コミュニティを作ったりと、自発的に行動できる環境をつくることで、作り手側だけの視点ではない、新しいコトが生まれます。だからこそ、施主と常に向き合うことが大事になってきますよね。

またコトラー氏は、愛される会社の条件として、下記の8つを挙げています。

  1. すべてのステークホルダーに注意を払っている。投資家やオーナーだけではなく、チームとしてみんなが働く。
  2. 経営者が会社を愛している。そして多額の報酬をもらっていない。
  3. 非常に話しやすい経営者。部下が気楽に提案できる。
  4. 社員の報酬が高い、研修期間も長い
  5. カスタマーに興味をもっている
  6. サプライヤーを重視している、買いたたいたりしない。
  7. コーポレートカルチャーがある
  8. マーケティング予算が低い

施主が、その設計・デザイン、考え方・暮らし方を、愛して協力してくれるからこそ、その家での暮らしで、どんなに自分がハッピーかを宣伝してくれます。

施主と向き合うことを続けることで、ニーズやウォンツを把握でき、マーケティング予算が低く抑えられるのです。

コトラー氏は、「日本の会社は問題の解決策はいいものをつくること、それで勝てると言いがちですが、そうではありません。やはりカスタマーについて考えるべきです」と言う。企業が提供する商品・サービスは顧客の満足、喜びにつながるものでなければならない。ブランドをしっかり確立すること。目的が明確なマーケティングを行い、世界にどのような違いをもたらしたいのかをはっきりさせること。単にお金をかせぐだけでなく、人間の生活、喜びにどう貢献できるのかを考えること。より高い目的、視点が必要だと語った。

いい設計、いいデザインだけをすれば求められる、そんな時代ではなくなってきています。

個性ある設計・デザインで、施主の生活や喜びに貢献していくためには、まずは、自身の考え方に共感できる見込み客を囲い込むことから、必要になってきますね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem

1 個のコメント