歴史が証明している大事なポイント

井内です。

「人・物・金」の3つは、
大切な経営資源であり、
事業の要素とも呼ばれます。

事業を成功に導くためには、
これらの要素が欠けてはならない
と言われています。

これに関連してか、

近代の家づくりにおいても、
「人・物・金」がキーになっているのです。

戦前の家づくりは、紹介や人づてによる
地域の職人さんによって建てられています。

つまりは「人」です。

その後、戦後の住宅不足で、
一定の品質を持った供給力が求められ、
ハウスメーカーが頭角をあらわしてきます。

つまりは、「物」にシフトしていくのです。

機能や性能を求めているため、
多少、営業マンがゴリ押ししても
売れる時代が続くのです。

そして、どこで建ててもある一定の品質が
担保されるようになると、
次は、価格に注目が浴びてくるのです。

ローコスト住宅、
つまりは、「金」にシフトしていきます。

坪○○万円や1000万円台、
1000万円をきる住宅も出てきました。

ここまでを振り返るとわかりやすいのですが、

人 ⇒ 物 ⇒ 金

という流れできています。

勢いのあったローコスト住宅も
今は、落ち着いています。

これは「金」から、
次へと移ってきているのです。

次は「○○」は何だと思いますか?

今、家づくりを考えている
30歳前後、30代の世代は、

説得されるより、
納得して建てたい世代でもあります。

設計事務所の依頼する方なら、
こだわりも強い方が多いため、
なおのこと「納得したい」ですよね。

納得する上で重要になってくるのが、
「信頼」です。

今や情報過多の時代であり、受け手側も、
どこからの情報をどう処理していいかが、
わかりにくくなっています。

そんな時代だからこそ、

”何を言うかではなく、誰が言うか。”

これが大事になります。つまり、
いかに信頼を獲得するかが大事になります。

同じように、建売・マンション・工務店、
ハウスメーカー・設計事務所など、

住まいひとつとっても、
切り口がたくさんあります。

そして、住まいの情報も、
今や山ほど公開されています。

だからこそ、

”何を建てるのかではなく、誰に建ててほしいのか”

であり、「人」や「考え方」に共感し、信頼し、
そして、依頼していきます。

時代はまわると言われますが、
「金」⇒「人」へ循環しているのですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem