こっちの方が安いから・・・結局、価格で選ばれてしまう。

「こっちの方が安いから・・・」

プライベートであれ、仕事であれ、
そういう場面ありませんか?

「自分の設計・デザインの良さが伝わらず、
結局、価格で選ばれてしまう…」

そんなお悩みを聞くことが、かなり多いです。

なぜ価格で選んでしまうのでしょうか?

安いものを選ぶ理由、
それは・・・
————————————
価格以外の選択基準が
わからないからです。
————————————

お客さんは家やデザインについて、
詳しくはありません。

なので、確信なく何となく
良さそうなものを選ぶことになります。

つまり、マーケティングやセールスが
うまいところに流れる、

ということになります。

さらに、家は高額なため、
後々、失敗したときのリスクを想像します。

そうすると、安いものにしておけば、
そのダメージが小さくなるわけですから、
当然、安いものへと流れていきます。

逆に言えば、価格以外の選択基準を
理解してもらうことができれば、
高くてもお金を払ってもらえるのです。

例えば、わかりやすいのは、
趣味などですよね。

知識がつけばつくほど、
高いお金でも払うようになるのです。

もちろん価格でしか判断しない層も
必ずいます。

ですが、プランを他に持っていって、
相見積もりをしていたり、値切ってきたりする、

そんなお客は
はじめから相手にしないことです。

————————————
どのようにしてお客さんに
価格以外の選択基準を伝えていくのか
————————————

集客したお客さんに、
選択基準を教育し理解してもらってから、
セールスを掛ける

という流れが、
方法としてはシンプルですね。

あなたの設計・デザインが売れるには、
どんな選択基準を理解してもらう
必要があるでしょうか?

そして、それを伝えるには
どんな場を用意すればいいのでしょうか?

この答えが出れば、他より高くても、
喜んでお客さんはお金を払ってくれるはずです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。