「恋人」が日本中にいます!? 

「恋人」が日本中にいます。
もちろん、私のことではありません(笑)

「◯◯の恋人」という
その地域ごとの名産品にちなんだ
お土産が日本各地にあります。

これは北海道の石屋製菓が1976年に発売し
「北海道のおみやげといえば、これ。」

という程の、人気を博している
「白い恋人」が元祖です。

吉本興業の子会社が
発売した「面白い恋人」が、

訴訟問題にもつながったのは
記憶に新しいのではないでしょうか。
(今年2月に和解してるようです。)

他には、
栃木の名産とちおとめを使った
乙女の恋人

愛知では、中日ドラゴンズの
マスコットを使った、どあらの恋人

秋葉原では、
二次元の恋人

他にもたくさんあり、
NAVERまとめにもあり
約10万人が既に見ています。

http://goo.gl/L0dLo

ここまで、日本各地で類似商品が
出ている「白い恋人」。

類似商品が出てくると、多くの会社が
心配するのは、売上低下。

類似商品の台頭によって、
商品が売れなくなったという話は
少なくありません。

しかし、石屋製菓の「白い恋人」は、
全国のお土産の売上げランキングでも
2位という圧倒的な結果を出しています。

「類似品が出てくればヒット商品」とも
言われるくらい、人気が出れば、

類似商品は必ず出てきます。

人気商品の周辺商品や、類似品、
バージョンアップ商品、モデルチェンジ商品など、

様々な角度から売れる商品を他社は探しています。

家づくりも同じで、例えば・・・

いいデザインをしても、
かならずパクられます(笑)

昔はあまり見かけなかった中庭のある家も、
今では頻繁に見かけますよね。

だからこそ、
類似が出てくることを想定して

他に負けないだけの
競争優位性を持つこと、

他が追いつけない
スピードで先をいくこと、

という”強み”が必要になってきます。

さらには、

それは、本当にお客様にとって
魅力ある強みになっているか。

あなたのお客様に、
その強みは伝わっているか。

伝え方一つで、
全く変わってきますよね。

ぜひ、強みを考えるだけでなく、
「伝え方」も、改善できることはないか。
考えてみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem