プランを作ることの価値はどこにあるのか?

施主の中には、たまに自分で
プランを作ってくる方がいますよね。

最近では、間取り作成ソフトも
無料で簡単に手に入るため、

気軽にプラン・間取りを
つくることができます。

最近では、こんなサービスも出てきています。

⇒ http://dtoac.com/blog/20130721/2938

でも…

そのプランニング、止めさせましょう。

「できることなら自分で家をつくりたい!」
という想いが強い人ほど、
自分でプランを作ってきます。

まずは、プラン・間取りをつくることを
止めさせましょう。

なぜなら、

施主自身がプランニングをしてしまうと、
その方の頭の中が固まってしまうのです。

これでは、良いものができません。

プロならご存じでしょうが、

一般の方にはわかりにくい
コストのことや、納まりのことなど、

平面図だけでは見えてこない部分が
たくさんありますよね。

だから、

施主に自分がしたい暮らし方を表現させ、
それを素直にこちらに伝えさせ、

それをプロがうまくカタチにする流れに、
もっていかなければならないですね。

================
プラン・間取りを施主には作らせず、
「したい暮らし方」を伝えさせる
================

ブログにも書きましたが、

これまでの歴史を見ても、
プランはパクられるものです(苦笑)

せっかく必死に描いたプランも、
工務店・設計事務所・不動産屋などの同業他社に、
いつの間にかパクられています(苦笑)

さらに、こういったサービスを使って、
一般の方が簡単に間取りを作ってしまったら、

プランを作ることの価値はどこにあるのでしょうか?

どこに価値を持たすかを、
今一度考える必要がありますね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。