世界一の「バルス」も一人ではできない。

一昨日の夜にブームになっていた
「バルス」という言葉ですが、

1秒で14万ツイートされ、
「バルス」が世界一を奪還したようです(笑)

皆で世界一を達成するって素晴らしいですよね。
⇒ http://goo.gl/rzK8Ka

ひとつの目的に対して、
同じ考えで行動できる仲間がいると、

結果があらわれやすいってことが、
よくわかりますね。

世界一の「バルス」も
一人ではできないのです。

実は、「バルス」の話に興味を持ったのは、

最近の住宅業界の傾向として、
増えてきたなと感じていることにも
関連しています。

それは、

「チームを組む」という方法です。

マーケティングで言う、
ジョイントベンチャー(JV)という方法ですね。

この方法は、費用を掛けないで、
売上を上げるには、すごく効果的と言われています。

年々、設計事務所や工務店には、
組合や協会などのチームをつくる方法が、
浸透しているようです。

つい先日も、愛知・岐阜の工務店8社が
「注文住宅研究会」を設立されてました。

こうやって、チームを組むことで、

メンバー間で定期研修を行い、
ノウハウの共有やスキルアップができたり、

第三者機関や専門家を共有することで、

ファイナンシャルプランナーによる資金計画の立案、
ホームインスペクターによる施工現場チェック

などの、1社ではなかなか
手が出しにくかったサービスも、
提供しやすくなります。

このように、ジョイントすることは、

費用を掛けないで、売上を上げるには、
すごく効果的な方法なので、

・どこと組めるか?
・どうやって組めるか?
・組んでどんなことができるか?

そのような切り口で考えてみてくださいね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。