住宅着工ピーク迫るが・・・その後は?

先日、日本経済新聞の記事に
「住宅着工ピーク迫る」とありました。

今年上半期の新設住宅着工戸数は
前年同期比8,6%増の45万1063戸で、
5年ぶりの高水準です。

やはり、増税と住宅ローン金利が
背景にありますよね。

——————————————–
住宅着工ピーク迫る
上期8.6%増、5年ぶり高水準
http://www.nikkei.com/article/DGXDASDC3100E_R30C13A7EA2000/
——————————————–

金利が少しづつ上昇し、
5%の消費税が8%・10%になるため、

大きな金額が動く住宅では、
意識せざるを得ないですよね。

消費税が0%から3%になった時の、
以前のような駆け込み具合でないにしろ、

どこの住宅会社もこの時期を
書き入れ時と考えていることは明確ですね。

ですが・・・

この駆け込み受注は、年内には息切れし、
その後は緩やかに市場が冷めていくといった
予想が多いようです。

住宅の仕事をしている以上、

市場が冷めたからといって、仕事が
減っていいというわけにはいきませんよね。

だからこそ、

市場が冷めても影響を受けないように、

”効率的に見込み客を集め、
より強固な信頼関係を構築する”

売れる仕組みを作っておく必要がありますね。

これは、意外と上手くいっている時には、
目の前の仕事に追われ、

ないがしろにしがちだったりします。

ですが、

市場が冷めていくことがわかっているなら、
ぜひとも取り組んでおきたいことですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。