300年以上続く京都の舞子さん

今に始まったことではないですが、
海外での京都人気はすごいものがあります。

私の周りの外国の友人や、海外での日本話の中では、
舞子さんが人気だったりします。

京都の花街がどのような場所で、
どんな娯楽なのかは、まだ知らないのですが、

よく考えると・・・

舞妓さんってどうやって
稼いでいるのか気になります。

「一見さんお断り」というイメージが強いのですが、

でも、ビジネスは、新規客を取らないと、
成立していきません。

どのようにキャッシュを生み出しているのか?

江戸時代から300年も続けられる仕組みは、
どんなビジネスモデルなのか?

すごく気になりますね。

まず気になったのは、
「お茶屋」という存在です。

ここには、「お母さん」と呼ばれる
総合ディレクターがおり、

お客様を管理し、
最適なサービスを提供するために、

お客さんの雰囲気や用途により、
食事や、舞妓さん、芸妓さんを選定していきます。

だから、

自分がお世話になっているお茶屋を
変えてはいけないというルールがあるようです。

それは、お茶屋のお母さんが
顧客情報を管理することによって、

そのお客様が来る度に、最適な
サービスを提供することができるからとのこと。

さらに凄いのが、
花街で遊ぶときは財布が不要なのです。

食事をしようが、舞妓さんと遊ぼうが、後日請求です。
その請求は遅いと半年後にも及ぶらしいです。

二次会もお茶屋経由なら後日清算でいいのです。

それだけ豊富なキャッシュを持っていることと、
信用・信頼関係がなければできないですよね。

そして、新規客の獲得には、
「既存客からの紹介」で成り立たせているのです。

紹介者に連れられて、お茶屋からOKがでると、
顧客となることができるです。

マーケティングで言うなら
「信頼性の移行」ですね。

信頼性のあるお客様からの紹介だからこそ、
信頼性のある新規客を獲得できるのです。

もちろん、花街のルールが守れない、
きれいな遊びができないと、

やんわりと花街から締め出されます(笑)

これは、花街らしさを維持するため、
顧客の質を維持するということですね。

一部ではありますが、色々と調べてみると、

花街の経営は、基本的に
「信頼関係」で成り立っていますよね。

京都の花街は女性社会であり、
男性には信頼性がないとおもてなしできない
という基本構造で成り立っています。

これが300年以上続いています。

長く続くビジネスモデルというのは
それだけ優秀なモデルです。

花街の軸となっているのは、
「信頼関係」ですが、

他にも学べるところがまだまだありそうですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem