業界に精通していない調査会社の調査データ!?

先日、新建ハウジングにこんなデータが掲載されていましたので、
引用させてもらいますね。

新宿区にある建築会社HPを調査、7割が1カ月以上更新せず

新宿区 建築会社

新宿区 建築会社

東京都新宿区にある建築・建設会社492社を対象に、6月19日〜7月4日の間のホームページの規模や利便性などを調査したデータが掲載されています。

 

492社のうち、ウェブサイトを保有していたのは、127社。約26%。

サイトの規模を総ページ数では、

・101ページ以上での構成は、42社(全体の9%、サイト保有社の33%)
・100ページ未満は約70%。(全体の18%)
・1〜10ページは、24社(全体の5%、サイト保有社の19%)

というデータになっています。

 

さらに、コンテンツでリンクエラーが生じているサイトは、およそ65%。

サイトの最終更新日では、7社は当日、17社は1週間以内、
残りの約69%の企業は、1カ月以上更新が止まっている。

スマートフォンに対応しているのは、23社。(全体の5%、サイト保有社の18%)

 

・・・こうしてデータでみると、あらためて業界の遅れを感じますね(苦笑)

ですが、このデータ、ちょっと落とし穴があります。

 

ゼネコン・工務店・下請け業者などが一緒にされている!?

こういった調査でいつも一緒くたにされてしまうのが、カテゴリです。
ゼネコン・工務店・下請け業者などが一緒にされます。

大きく分けても、B相手をメインに仕事をしているゼネコンなどの建設業界と、
C相手をメインに仕事をしている工務店などの住宅業界では、

ターゲットが違うため、求められるウェブサイトの役割も違ってきます。

B相手のビジネスでは、スマートフォンサイトはまだ必要性が感じられません。
仕事中にスマホサイトを見て・・・なんて状況、浮かびにくいですしね。

 

このズレは、調査会社が業界に精通していないから起こりえることです。

データの方向性としては、間違っていないでしょうが、
この辺り、もうすこし業界に精通した調査を求めたいですよね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem