惚れるのは商品でなくて、お客さんの頭の中!

以前、

いいものをつくれば勝てるという考えは間違っている。住宅業界にいま足りないのはカスタマー。

という記事を書きましたが、

商品が売れるのは、単にその商品の性能やデザインが良いからではなくて、
お客様の頭の中にあるニーズと商品がマッチしたからだということなのです。

つまり、市場の声を大事にする。

自分で売れると思って行動するのでなく、
判断は市場に出してみないとわからない。ということです。

 

これは、同じ意味を持つ言葉のチョイスでも考えは一緒です。

例えば、スマートフォン。

「スマートフォン」「スマホ」「スマフォ」
という3つの呼び方が考えられます。

「スマートフォン」だと長いし・・・
そのまま略すなら「スマフォ」だし・・・
でも、しっくりくるのは、「スマホ」。

こんなとき大事にしたいのは、
「惚れるのは商品でなくて、お客さんの頭の中」
であるということ。

だから、それぞれのキーワードの検索数を調べれば
どのキーワードが求められているのかを確認したことになります。

 

そんな時に役立つツールが

Googleトレンド
http://www.google.co.jp/trends/

です。これを使えば、キーワードの人気度を調べることができます。
 

Google トレンド

Google トレンド

青色が「スマートフォン」で赤色が「スマホ」、黄色が「スマフォ」です。
グラフを見ると検索市場では、2011年中ごろまでは「スマートフォン」が主流で、2012年頃から「スマホ」が主流になってますね。

 

大抵のことは市場が答えを知っているため、自分の考えだけでなく、
お客様がどう思っているか(どう検索しているか)に目を向けたいですね。

 

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。