暮らしをテーマにしたブックカフェが熱い!

大分県で9月1日から、暮らしをテーマにしたブックカフェ「暮.Labo(くらぼ)」が営業を開始するようです。

暮らしをテーマにしたブックカフェ「暮.Labo(くらぼ)」

暮らしをテーマにしたブックカフェ「暮.Labo(くらぼ)」

暮らしをテーマにしたブックカフェ「暮.Labo(くらぼ)」

建築雑誌から、旅行や料理、暮らしに関する書籍や雑誌など800冊ほど取りそろえ、会員として登録すると貸出サービスが利用できるようです。

また、通常のカフェとしての利用も可能で、ドーナツなどの軽食も。さらには10月に、カフェ隣のスペースに、家具やインテリアを扱うショップもオープン予定とのこと。

 
「カフェ」と「暮らし」って、結構関連付けることができて、

「カフェっぽい暮らし」、「カフェっぽいキッチン」など、
暮らしの中に、カフェの雰囲気を取り入れたい方も増えています。

この「カフェっぽさ」が、求められているのは、
コミュニケーションのとれる場所を求めていることだと同じだと感じています。

 

求められているのは、コミュニケーションのとれる場所

単に情報だけなら、雑誌やネットで調べることができるけど、
暮らしの価値観を共有できるコミュニティはなかなかない・・・

もし、初めて会った人や世代の違う人でも、その場所を通して、
お互いの暮らしの価値観をお話できるような場所があったなら・・・
例えば・・・

東京おもちゃ美術館は、おもちゃを通じて、コミュニケーションのとれる場所ですが、

ここまで大きくなくても、
共通した暮らしの価値観を提供できるスペースは、全国各地にほしいですよね。

 

ワークショップやイベントなども行う、
暮らしをテーマにしたブックカフェは全国に少しづつ増えていってます。

例えば、島根県にあるartos Book Storeや、

 

岡山県にある451ブックスなどがあります。

ブックカフェという切り口でなくとも、
こういった地域の暮らしに関する情報発信拠点が増えてくると、
建築家やコーディネーターなどもまた違った働き方ができてきますし、

暮らし方に問題や悩みを抱えている方々とも、接点を持つことができ、
イベントやワークショップを開けば、より信頼関係を築くことができます。

これは、新しい集客方法・モデルハウスの新しい使い方としても成り立ちますよね。

 

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。







ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。