住宅の映像は「集客」より「信頼関係の構築」に使うべき

美しくライトアップされた夜のヨーロッパの街々を巡り、建築物を見て楽しめる「NIGHTVISION」が公開されています。

世界21カ国36都市の夜の建築物をタイムラプス撮影した「NIGHTVISION」

夜の建築物は人も少ない上に、太陽からの余計な光もないため、建築物の良さがひき出されていますね。

一定時間の間隔を開けて撮影した静止画を連続させて動画のように見せる「タイムラプス撮影」は、興味をそそる撮影技術ですね。

 

だからといって、タイムラプス撮影がすべていいわけではない

映像のデメリットは、半強制的にみせられるということです。

つまらないからといって、とばして観ることが難しいため、冒頭でつまらなかったら、その後は観なくなるのが大半です。
(とばすと要点がつかみにくくなりますし・・・)

住宅系の撮影では、徳島県の工務店の棟上げの様子を撮影された長岡マイルさんの映像が良い雰囲気を出しています。
http://www.nagaoka.me/

プロに頼む映像もいいですが、iPhoneやWEBカメラなどで自分で手軽に撮る方法もありですね。

 

住宅の場合、集客ではなく信頼関係の構築に使うべき

映像を使うことを、どうしても集客へ目が行きがちですが、住宅では、集客ではなく「信頼関係を築く」ことに使うべきですね。

さらには、以前もブログで書きましたが、

今力を入れるべきなのは「自分メディア」

映像でも何でも、まずは「軸」となる自分メディアを持つことですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem