向き合うべきは口コミサイトではない!

何かを買うとき、口コミや評判に頼る人が多いと思います。
自分のその一人です。
それが家という大きい買い物であればなおさらですよね。

 

住宅関連で一番大きな口コミサイトはこちらでしょうか。

持論ですが、家の口コミや評判に関しては、少し懐疑的な見方をする方がいいです。

なぜなら下の3つの内容が含まれているからです。

1.同業社からの妬み
2.価値観が合わない方からの評価
3.本当の評判

 

1.同業社からの妬み

ある程度の知名度が出てくると、必ずといって出てきます。

一般の方になりすまして書き込む方がほとんですが、
目線が業者目線なんですよね(笑)

自社の仕事が減っている原因を、競合となるその会社に擦り付けたいんですよね・・・
まぁ、そんな会社は伸びやしないでしょうが(笑)

1棟契約できれば、何百万の利益ですからね・・・
みっともないことをしてもってことでしょうか。

 

2.価値観が合わない方からの評価

顧客の絞り込みを行っているライフスタイル提案系の
家づくりに多い意見ですよね。

例えば、
・家のコンセプトはいいが、施工業者が嫌だ。
・デザインが安っぽい。
・デザイン重視で住みやすさが二の次。
・シンプルすぎて倉庫みたいな外観が嫌。
・ムク材の節やが嫌。
・自分たちで塗る、塗り壁がきれいに塗れないから嫌。

この手の意見って、あたかも体験したかのように書かかれることが大半です。

しかも、自分の考え中心で書くため、価値観が合わないという書き方ではなくて、
「これはダメだ」という意味合いが多いです。
これは「私の選択は間違いではない」という嫉妬心の裏返しであります。

価値観が合わない人は、話が通じないため、相手しないのが一番です。

 

3.本当の評判

要望を聞いてくれないとか、接遇マナーや対応のこと。
価格面での誤解など、改善すべき意見として耳を傾ける内容も書かれています。

またその家を建てて、すでに住んでられる方の声は
なおのこと重宝しますよね。

 

不自然さを感じるランキングサイト

最近では、こんな感じの比較ランキングサイトなどもでてきています。

あえてリンクします(笑)

リンク先を見るとわかる方はわかるでしょうが、
似たようなテイストのサイトで、共に1位が同じ会社だったり・・・

真実はわかりませんが、何だか不自然さを感じるは私だけでしょうか(苦笑)
多分のこの後もランキングに変更があることはないでしょう。

 

一番多いのは、物言わぬ支持者

こういったクチコミサイトを見ると、正直嫌気が差してきます・・・

以前、お笑いタレントの有吉さんが、SNSをやめる芸能人が多い中、
ツイッターでこんなことをつぶやいていました。

〈物言わぬ支持者がいることを忘れ、挑発的な馬鹿に腹を立てるから辞めてしまう〉

 

物言わぬ支持者と向き合える、そんな環境をつくることが必要ですね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem