住宅は主役でなくていいんです。 

久しぶりに発見してしました・・・

失敗する典型例、
商品が主役のPRキャンペーン。

商品に対しての思い入れが
強いために起きてしまう、

「もっと商品を前面に出して、
強くアピールできないのか?」

「他社商品との違いを、
もっと明確に打ち出せないか?」

「何度もサイトに来てくれる
仕掛けをつくれないか?」

などの、

「売り手目線」の「商品が主役」の
プロモーションです。

良い商品を作っているところほど、
こういった熱い傾向が強いですよね。

「使ってもらえさえすれば、
必ず満足してもらえる」

と思っていたり・・・

ですが、その想いとは裏腹に、
消費者は無関心なのです・・・

本来はPRや宣伝を請け負う代理店側が、
こういったことに気付くべきなのですが・・・

その辺、ブログでまとめてみました。
⇒ http://dtoac.com/blog/20130827/3581

ホント、主役は
商品(住宅)でなくていいんです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。