住宅業界にもセカンドオピニオンが根付いてきた!?

地盤調査データの解析サービスを提供する地盤ネットが、「地盤セカンドオピニオン」による地盤改良工事の削減件数が累計2万棟を突破したと発表しています。

地盤ネット、改良工事削減件数が累計2万棟を突破

地盤セカンドオピニオン | 地盤調査・解析サービス | 地盤ネット

地盤セカンドオピニオン | 地盤調査・解析サービス | 地盤ネット

 

地盤セカンドオピニオンとは?

地盤セカンドオピニオンとは、地盤調査データを第三者がチェックし、過剰な改良工事を行わないためのサービスとなるのですが、

地盤セカンドオピニオンとは? 出典:地盤ネット

地盤セカンドオピニオンとは? 出典:地盤ネット

なぜここまで普及しているのかというと・・・

  • 住宅ネットワーク会社などと提携をして、利用者を増やしていった。
  • 商品としてわかりやすく「セカンドオピニンオン」をうたい、差別化した。

ということが挙げられます。

既存の地盤業者でも、他社の解析を審査することはやっていましたが、
わかりやすく絞り込みをしてきたのは、地盤ネットが初ですね。
そして、なにより、
地盤改良がブラックな業界だからということもあります。

「地盤改良工事の削減件数が累計2万棟」というデータがそれを表していますね。

他社では改良が必要と診断されたけど、改良しなくてもよかった案件が
2008年の設立から数えて、これまで少なくとも2万棟もあったということです。
地盤の解析資料は一般の方がみてもわかりにくいことに加え、
詳しく知らないと業者の言いなりになりやすかったりします。

ちょっと詳しい人の中では、改良が必要と診断された解析データを見て、
「なぜこれで改良がいるのか?」「大丈夫だ」と言う方もいたぐらいです。

ですが、結局口だけで、その人が保証してくれるわけではないんですよね・・・

 

市場で求められていたけど、誰も手を出さなかった・・・

まさに、売れるポジションでしたね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem