2.5世帯住宅は、ライフスタイルとパラサイトシングルの理解を乗り越えられるか?

私の周りではまだいませんが、最近、2.5世帯で同居する人が増えているそうです。

2.5世帯住宅と言えば、親世帯と子世帯が一緒に暮らす従来の2世帯住宅に、0.5世帯となる単身の兄弟(姉妹)も一緒に暮らせるスペースを設けた住宅で、2012年の8月に旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)が提唱している提案です。

簡単に言えば、「家族内にいる独身者も一緒に暮らす」ということ。

2.5世帯住宅 | ヘーベルハウスの二世帯住宅シリーズ - 旭化成

2.5世帯住宅 | ヘーベルハウスの二世帯住宅シリーズ – 旭化成

なぜ増えているのか?

  • 晩婚・非婚化の流れや、離婚増加という社会的な背景がある
  • 団塊世代は、晩婚・離婚化に理解のある親が多く、子どもにとって居心地が良い

家族構成の多様化で、コミュニケーションが円滑になったり、お互いにバックアップできるため、2世帯住宅に比べ女性の就業率が高くなるというメリットもあります。

そして、面白い理由がこちら↓

「シングル女性の存在が、嫁と姑が直接的に対峙するシーンを減らし、時には、嫁と姑の両方のグチを聞くなど、第三者的立場で各人のストレスの軽減に貢献しているようです。シングル女性は、そうした気遣いをすることで自身が家族の一員であることを再確認できる。補完的な関係を築いているといえます」(旭化成ホームズ株式会社・松本さん)

嫁と姑で1対1になりにくく、グチを聞いてくれるから、ストレスの軽減になる。とのこと。・・・やはり、最後は人と人なんですね。

 

課題は、ライフスタイルとパラサイトシングルの理解

それぞれのライフスタイル観があえばいいですが、価値観が合わない住宅だったりすると・・・「こんなの家じゃない!」なんて声もでてきます(苦笑)さらには、“パラサイトシングル”への理解が必要になってきます。

自分だけ結婚していない・・・たとえ結婚願望がなかったとしても・・・結構、精神的にきますよね・・・さらに、よくよく言葉遣いを考えると・・・実家の独身者である単身の兄弟(姉妹)は0.5扱いされてるんですよね・・・

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem

1 個のコメント