部下や社員に対して頭を抱えている方へ

リーダーシップ・エッセンシャル

リーダーシップ・エッセンシャル

住宅業界、工務店・設計事務所のこんな方におススメです。

  • 自分の頭で考えない指示待ちの部下にウンザリしている。
  • 部下のポカミスの連続に頭を抱えている。
  • 教えても教えても、部下は全然仕事を覚えてくれない。
  • 部下の尻ぬぐいで自分ばかりが忙しい。
  • そして、そんなリーダーシップのない自分に悩んでいる。

なんてことを考えたことがあるなら、
この本「リーダーシップ・エッセンシャル」が役に立つかもしれません。

実のところ、部下の仕事ぶりに嘆きつつも、
その原因が自分のリーダーシップにあるのでは?
と悩んでいる人は少なくありません。

でも、それは違っていました。

そもそも、リーダーシップは社長やマネージャーといった人だけに
求められるものではなく、本来、すべての社員が発揮すべきものであり、
地位、役職、肩書きなどとは一切関係ないということです。

では、部下をデキる部下にするには一体どうすればいいのか?

その鍵は「セルフ・リーダーシップ」
という概念にありました。

あの「7つの習慣」を書いたコヴィー博士の集大成で
オススメの一冊なので是非チェックしてみてください。

中身を読まなくてもわかる本の要約:

リーダーシップ・エッセンシャル

Chapter1より

私は、みずからの人格に目を向け、信頼性を築くプロセスを
「セルフ・ リーダーシップを発揮する」と呼んでいる。

このセルフ・リーダーシップとは、
人間関係や組織において
リーダーシップを発揮するために必要不可欠なものであり、
すべてのリーダーシップの基幹となるものだと信じている。

一般的にはリーダーシップを発揮するのに、
直接周囲に働きかけようとすることが多い。

しかし、このセルフ・リーダーシップを忘れているために、
リーダーシップを発揮するどころか
むしろ信頼を失ってしまう場合のほうが多いのは、
何とも皮肉なことだ。

このセルフ・リーダーシップは、
私が「インサイド・アウト」と呼ぶパラダイムに基づいている。

だれも直接的に他人の考えや行動を改めることはできない。
できるのは自分自身のパラダイムや行動だけである。

あらゆる場面において、自分が変わることでしか、
周囲が影響を受け、変化を起こすことはできないのである。
(中略)
だれもがリーダーシップを発揮する権利を持っている。
間違っても職位や 地位、役職、肩書きに依存するものではない。

セルフ・リーダーシップを発揮することで、
たとえ職位がはるかに上の人であろうが、
組織であろうが動かすことができるのである。

目次:

はじめに

Chapter1 リーダーシップとは何か?
Chapter2 リーダーシップの四つのレベル
Chapter3 個人におけるリーダーシップ=セルフ・リーダーシップ
Chapter4 人間関係におけるリーダーシップ
Chapter5 チームのレベルにおけるリーダーシップの原則
Chapter6 組織のレベルにおけるリーダーシップの原則
Chapter7 日常にある偉大さを果たす
Chapter8 スティーブン・R・コヴィー博士著書系譜

著者紹介:

スティーブン・R・コヴィー

20世紀で最も影響力のあるビジネス書とされる「7つの習慣 成功には原則があった!」の著書。

リーダーシップ研究の第一人者として国際的な評価を得た著者は、英国「エコノミスト」誌によれば、今、世界で最も大きな影響力を持つビジネスの思想家とされている。フランクリン・コヴィー社の共同創設者・副会長、教師、作家、組織のコンサルタントとして世界中で活躍した。ハーバード大学でM.B.Aを取得後、ブリガム・ヤング大学で博士号を取り、同大学の組織行動および経営管理の教授を務める。

CoveyLeadershipCenter を1983年に設立(97年にフランクリン・クエスト社と合併)。
フランクリン・コヴィー社の共同創設者・副会長を務めながら、約30年間にわたり、アメリカの最優良経営コンサルタントとして世界各国の政府やリーダーと交流した。2012年7月米国アイダホ州にて死去。

ble

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem