建築家・黒川紀章も挑戦したコンパクトな暮らし

以前、「スペースを節約し、暮らしをコンパクトにする方法」として、アメリカのグラハム・ヒルを取り上げましたが、年々、コンパクトな家での暮らしは、関心が高まってきています。増税となれば、この傾向はなおさらでしょうね。

家のボリュームを抑えて、空間をデザインで効率よく、上手く使えるようにしたり、
また、住まい手自身もモノとの付き合い方を見直し、住まうチカラをつけていくと、

今までよりもコンパクトな家でも十分暮らせることができます。コンパクトにすれば、費用も抑えられますし、浮いた費用は、性能・設備・ライフスタイルに使うこともできます。

 

意外にも、このコンパクトにするコンセプトは前々から存在します。
例えば・・・中銀カプセルタワービルなど。

建築家・黒川紀章が設計した「コンパクトな暮らし」

中銀カプセルタワービルとは、黒川氏が設計し、世界で初めて実用化されたカプセル型の集合住宅(マンション)。


大きな地図で見る

銀座に1972年に、140の「カプセル」からなる集合住宅として建設されました。そのカプセルの中を、25年ごとに新しいものに取り替える計画でした。現在の使用状況の詳しい写真は、下記のサイトよりご覧いただけます。
http://www.noritakaminami.com/

建て替え問題などでいろいろとあった建物ですが、一応まだ残っています。さらには、一部借りることもできるようです。

先日の、京都のカプセルホテル「ナインアワーズ」もそうですが、コンパクトな暮らしをビジネスで考えると、まだ成り立たないのでしょうかね・・・

 

2 件のコメント

  • この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

    ABOUTこの記事をかいた人

    井内智哉

    あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。