ダイワハウスをおちまさとがプロデュース

大和ハウスの大型複合プロジェクト、「まち全体で子育てをするまち」をコンセプトにした「IKUMACHI(育まち)吉川美南プロジェクト」の総合プロデューサーに、おちまさと氏が就任。

おちまさと

おちまさと

おちまさと氏と言えば、テリー伊藤氏を師事し、今では、インターネットサイト、CD、DVD、書籍、企業ブランディングや広告などの企画・演出・製作を始め、ファッション業界とのコラボレーションや様々なジャンルにおける広範なプロデュースを行っています。

IKUMACHI(育まち)吉川美南プロジェクト

IKUMACHI(育まち)吉川美南プロジェクト

「IKUMACHI(育まち)吉川美南プロジェクト」で、おちまさと氏は、子育てアイデアが50以上採用されたコンセプトハウスや、子育ての喜びや苦労をシェアするためのクラブハウスなどをプロデュースする予定です。

 

ダイワハウス×おちまさと「+Child First の家」

ダイワハウスの性能に“隠された子育てアイデア”を50項目もプラスしてつくられた住宅。

子どもの安全確保などを優先すると、ダサいインテリアや商品などを選ばざるをえなかった部分にメスを入れ、子育て環境と自分の好みの住まい環境を両立させられる、さまざまなアイデアが盛り込まれた家にしたとのこと。

当プロジェクトでは、おちまさと氏のプロデュースでIKUMACHIコンセプトハウス「+Child First の家」を建設し、モデルハウスとして利用します。
テーマを「子育てのために何もあきらめないという新発想の家づくり」として、子育て環境と親の住まいに対する好みや住まい環境を両立させる50の「隠された子育てアイデア」を採用します。
「+Child First の家」では、子どもの安全・健康に配慮し、「フィンガーセーフドア」や空気清浄ユニット「換気浄化ef(イーエフ)」採用します。さらに、子どもの成長に合わせて間取りを変えながら、空間を上手に活用できる「リンクストレージ」や親子の時間を共有しながら作業ができる「親子スマートデスク」、親だけの時間も大切にする「セカンドリビング」プランも採用します。

Web

引用元:大和ハウス工業株式会社・ニュースリリース

 

“シェアする子育て”を実現するコミュニケーションの場づくり。おちまさと氏プロデュース「IKUMACHIクラブハウス」

おちまさと氏は、家だけにとどまらず、まちづくりや家族にスポットをあて、子育ての喜びや苦労をシェアできる場や、子どもの成長とともに使わなくなった本や玩具を住民で共有できる場、住民が集まってスポーツ観戦や映画鑑賞ができる場など、ライフスタイルの充実にも力をいれるとのこと。

当プロジェクトでは、街区内に、心地よいコミュニーケションをうながす工夫やアイデアを盛り込んだ「IKUMACHIクラブハウス」を建設します。
子育ての喜びや苦労をシェアできる場になることを目指した「IKUMACHIクラブハウス」では、子どもの成長とともに使わなくなった本や玩具を住民で共有できる「シェアライブラリー」や、住民が集まってスポーツ観戦や映画鑑賞ができる「アウトドアシアター」を設ける予定です。

Web

引用元:大和ハウス工業株式会社・ニュースリリース

 

おちまさと×アクタス マンションモデルルーム 「IKUMACHIルーム」

元々、デザイン性の高いアクタスのインテリアを、おちまさと氏がどのようにプロデュースして空間を演出しているか興味がでてきますね。

おちまさと氏プロデュースで、子育て家族にとって心地よい空間を演出したモデルルームを用意しました。使いやすさや安全性を求めたデザインとして、子どもの発育に配慮した優れたキッズデザインを提案している株式会社アクタスのオリジナルインテリアを採用しています。

release_20131011_24_25

引用元:大和ハウス工業株式会社・ニュースリリース

この例をみてもわかるように、家というモノだけでなく、ライフスタイルの提案型になっていきます。またさらに、異色なコラボは何か新しいものを生み出しそうですね。「ダイワハウス×おちまさと」、面白くなりそうです。

 

おまけ:役所広司 ダイワハウスCM集

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem