壁紙の逆襲が始まっている!?

磁石がくっつく壁紙の、ニチレイマグネットの磁性素材の壁紙がすごく面白いですね。

例えば、キッチンまわりを磁性素材の壁紙に張り替えると、レシピや鏡、インテリア用品などを穴を開けずにマグネットでコーディネートできます。

HEYADECO http://www.heyadeco.com/

HEYADECOの楽しみ方

HEYADECOの楽しみ方

磁性素材を使うと、穴をあけずにメモやインテリアをマグネットで配置する住まい手の好みでレイアウトできるため、自由度が高くなりますね。

内装の壁は、しっくいか、クロスかの2極化で

    • 調質効果や質感だと、しっくい。
    • 掃除のしやすさやコストで選ぶなら、クロス。

といった選び方が多い気がしましたが、最近、大きな変化が起きています。

 

ここ数年、かなり動きのあった壁紙業界

ここ数年、しっくいに押され気味だった壁紙業界は、しっくいの自然素材に対抗して、自然素材系の壁紙などがありましたが、
やはり本物には勝てず(苦笑)

ですが最近、壁紙の本来の良さである「張り替えられる」ということを活かし、壁紙屋本舗などが、安価でいろいろなバリエーションが増やしてきてますね。

壁紙屋本舗

壁紙屋本舗

壁紙だとデザインや機能面など、バリエーションが豊富に作ることができるのもいいですね。また、安価でいろいろな壁紙が増えたため、戸建の注文住宅だけでなく、URを始め、ユニークな壁紙にできる賃貸もでてきましたね。

東京R不動産とR不動産toolboxが提案した新しい賃貸住宅のかたち、「カスタマイズUR」

賃貸での漆喰壁は、利回りや補修などを考えると、オーナーの理解を得られることは、まず無いので(笑)壁紙なら、退去後の張り替えも簡単です。

しっくいで壁塗りも楽しいですが、壁紙の良さの活かした空間を作るのもおもしろそうです。

市場が求めていて、塗り壁にできないことを、壁紙が実現させる。

市場が求めていて、競合がしていない。だから、受け止められ、流行にもなっていく。壁紙の逆襲がやってきそうですね。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem