会社にWebの価値を認めてもらうには、何をすればいいのか?

会社にWebの価値を認めてもらうには、何をすればいいの?/うさぎ薬局の中村真奈さんに聞いてきた

会社にWebの価値を認めてもらうには、何をすればいいの?/うさぎ薬局の中村真奈さんに聞いてきた

”Web文化が根付いていない会社で、一人で超頑張って、Webの力を認めさせたWeb担当者さんがおるんやけど、話聞きに行かへんか?”

こんな切り口から始まる、Web文化が根付いていない薬局を舞台としたマンガなのですが、
わかりやすいので紹介させてもらいます。

 

大まかな流れとしては、

ホームページはあったが、あまり機能的ではなかった。
会社内での優先順位は低く、Webの力を信じている人が少ない。

まずは、業界研究や社内ヒアリング
会社にWebの価値を認めてもらうには実績を作ることが必要

サイトの目的をはっきりさせる。
(今回の薬局では、店舗の拡大で直営の他、FCを増やすこと)

直営やFCで動ける薬剤師を集めるページを作る

1年間で薬剤師の登録者数が100人を超える。

その実績から、新卒採用も任され、サイトの目的がリクルーティングになる。

就活生にエントリーしてもらうためのアプローチとして、
会社のブランドの知名度を上げるため、ブランディングを行う。

などなど、続きはこちらからご覧ください。

会社にWebの価値を認めてもらうには、何をすればいいの?/うさぎ薬局の中村真奈さんに聞いてきた

 

マンガの最後の方には、まとめっぽくこんなことが書いています。

ブランディングは、外に向けた効果より、社員に自分の会社の魅力を再認識させることができる。

Webはあくまで目標を達成させるためのスキル。
そのスキルでどう目標を達成できるかを考えて行動することが大切。

 

Webの価値を認められにくい住宅業界も同じですね。
住宅業界のWeb担当者はぜひ参考にしてほしいです。なによりまずは実績です!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem