プレハブ住宅をバカにしていました・・・

「プレハブ住宅」と聞いて、
どんな印象を受けますか?

最近では、あまり
言われなくなりましたよね。

私も以前なら、

「プレハブ住宅なんて・・・」と言って、
見向きもしなかったかもしれません。

ですが、

住宅の歴史を紐解くと、
欠かせないジャンルであることには
間違いないんですね。

プレハブ住宅は、
高度経済成長の追い風に乗り、

地域の工務店に代わり、
一気に住宅産業の大きな一角を
占めるにいたりました。

その勢いの陰には、

技術や法規の壁を乗り越え、
プレハブ住宅を実現させた
技術者たちの情熱があります。

その様子を収録したのが、
こちらの本です。

⇒ http://dtoac.com/blog/20131123/5109

若い世代にぜひ読んでほしいです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。