なぜ模型と写真パネルでは物足りないのか?

集客をするために、

住宅展として、住宅の写真展を行う
という手もあったりします。

モデルハウスを使ったり、
時には会場を借りたり、

そこに住宅の写真パネルを展示して、
どんな家づくりなのかを伝えるという方法です。

私も過去に住宅展や写真展を
設営から手伝ってきましたが、

不思議と、模型や写真パネルで、
小ぎれいにまとめてしまいがちになります。

他社の住宅展や写真展も同じで、
小ぎれいで、パンチ力に欠けるんですよね。

家づくりのコンセプトを伝えるのに
まだ何かが足りないんですよ・・・

最近、少し距離を置くようになって、
その足りないのが何かわかった気がします。

続きはこちらから
⇒ http://dtoac.com/blog/20131125/5120

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem