住宅のことをお客さんが知っているとは限らない

以前、タイ・バンコクに行ったときの話です。バンコクは初めてだったので、全く分かりません。こちらの飲食店で食事をするのは、言葉もほぼわからないですし、お店のことも知りません。

もちろん、現地に詳しい人と一緒なので心配はなかったのですが、もし、現地を知っている人がいなければ、何も知らない状態で、お店に入って、料理を注文することになります。

a0002_008090

・・・これって、

家を建てようと、あなたのところに初めて来るお客さんも同じようなことが言えますよね。

日本国内の場合は、パンフレットやカタログも日本語で書かれている訳ですが、初めてのお客さんにとっては、どんな内容か分からない訳です。

もし、成約率が伸び悩んでいたり、契約がうまく取れてないのであれば、カタログやパンフレット、またはホームページを改善することで、それらを伸ばすことが、想像している以上に簡単にできます。

 

まず同じような体験をしてみるべき

まず第一にできることは、あなた自身が普段行かないようなお店に行ってみてください。行きやすい、わかりやすいのは飲食店でしょうか。

例えば、普段いかない料理ジャンルとか普段行かない価格帯のお店などです。つまり、勝手作法が知らないお店のメニューを見れば、分かりにくさ、伝わりにくさが理解できると思います。

ほとんどの場合、

自分たちが知っていることは、お客さんも知っているという前提条件で作っています。

例えば、

    1. 難しい言葉や専門用語を使っている
    2. 実例を含んだ、イメージしやすい写真がない

だから、お客さんからしたらわからなくなってくるのです。

もし、あなたのカタログやパンフレット、ホームページに、上記2つのことが該当していれば、これから家を建てるお客さんにとっては、それらがどんな内容なのかも分かりません。

つまり、依頼もしづらいので集客にも繋がりません。

これから家を建てる方でもわかるように

    1. わかりやすい言葉、伝わりやすい言葉
    2. イメージしやすい具体的な写真などを使う

ことをしてあげましょう。それをすることで、内容が伝わりやすくなり、価格以外での判断基準も生まれやすくなります。お客さんが安い方へ走ってしまうのは、価格以外の基準を持ち合わせていないからです。

ぜひ、あなたのツール類を見返してください。改善点が、見えてきたのではないでしょうか。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem