日本の刑務所も住宅もおかしいよ

日本財団×BLOGOSによる「ホリエモンが語る刑務所からの”社会復帰”~岡本茂樹×堀江貴文対談~」が非常に興味深いです。

堀江貴文、岡本茂樹が語る:このままだと日本の刑務所はダメになる

「日本の刑務所のここがおかしい」

今まで、何人もの人が刑務所を出てきたのに、
こういった意見が表に出てくることってなかったですよね。

もしかしたら、他に発言はあったのかもしれませんが、
何かにかき消されたり、わかりにくかったり、中々一般の方まで届いていなかったのかもしれません。

そう考えると、堀江さんの旗を立てるチカラは凄まじいですね。

 

彼らが指摘しているのは日本の刑務所のおかしさ。

刑務所の運用ルールは、気ままで自分勝手らしく、
主席官が変わると刑務所運営、懲罰の方針がガラッと変わることがあるそうです。

堀江さん:例えば、本の差入れの制限なども、原則自由のはずなんですよ、今の法律って。冊数制限などもないはずなのに、でも内部ルールではそうなっていない。

言い訳なんだろうけど、刑務所の検閲をする人員が足りないから、月あたり1人の差し入れは10冊まで、とか決まっていて。1人あたまというのは、受刑者1人あたりじゃなく、差し入れ人1人につき10冊までです。

事実上、無限に差し入れできますが、最初の処遇官に言われたのは、だからといって、何人もの差し入れ人から何十冊も差し入れてもらったりするなよ、と言われたり。でも、適当にごまかしていました。そういう恣意的な運用がされていましたね。

 

刑務所まででないにしても日本の住宅もおかしさはいっぱい

  • 「売ってナンボ」という住宅営業のマネジメント、
  • 間違った低コストの追及、
  • 見積もりの内容を誤魔化し・・・

挙げればきりがありませんが、住宅業界もおかしい部分はいっぱいあります。

刑務所に入ってはじめてその現状を知るように、
施主も家を建てることに接して、初めて家に関する色々なことを知っていきます。

もし、「あれっ?」っと異変に気付いても、正しい知識がないと
「こんなものか」とそのまま流されてしまっているのが現状ではないでしょうか。

住まい手もそれを言わないから、作り手も「これでいいんだ」と留まってしまいます。

 

堀江さんは、刑務所の改善の一歩として、
刑務所のことを知ることから始めましょう。と言っています。

同じように、住宅業界の底上げを考えたとき、
一般の方に家のこと知ってもらえる環境を作ることから始めたいですね。

 

例えば、下のようなバラエティ番組でもどんどん取り上げてほしいですね。

「リアルスコープハイパー」住宅のギモン全て解決SP

専門家からみたら、「何だこんな番組!」とののしられそうですが、
こういった接しやすさ、わかりやすさから始めないと、

小難しい業界は、作り手側の頭でっかちになり、伸び悩みそうです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem