曲がった柱で家を建てたら、どうなる?

ヒトラーをご存じでしょうか?もしかしたら、20代前半の方だと知らない方がいるかもしれません。

ヒトラーは、20世紀の中盤にかけて、世界を震撼させたドイツの独裁者です。

アドルフ・ヒトラー

アドルフ・ヒトラー

何年か前に、某アイドルがバラエティー番組で、ヒトラーを、「世界の偉人」として紹介したとして、バッシングを受けていましたね。彼が行ってきた残虐行為は、あまりにも鬼畜すぎるのですが、彼はドイツ国民の心をつかんでいました。

残虐で独裁的な彼が、なぜ大衆の心をつかむことができたのか?

不思議ですよね・・・

 

ヒトラーの最大の武器は「言葉」であり「演説」

実は、ヒトラーの演説っぷりは、かなり特長的なのですが、裏にはすごいノウハウが隠されています。私も、住宅の広告宣伝を学んだとき、ヒトラーの宣伝手法の考え方を参考にしていたりしました。

彼は宣伝手法について、

「宣伝効果のほとんどは人々の感情に訴えかけるべきであり、いわゆる知性に対して訴えかける部分は最小にしなければならない」

「宣伝を効果的にするには、要点を絞り、大衆の最後の一人がスローガンの意味するところを理解できるまで、そのスローガンを繰り返し続けることが必要である。」

と、感情に訴えることの重要性をあげています。

例えば・・・

計算された喋り方

抑揚をつけて演説にメリハリをつけ、ジェスチャーすることで、口から言葉を述べるだけよりも、より強烈なインパクトを聴衆に伝えています。

人を引き付けるスピーチ内容

大衆との間に、共通の敵を持ち上げ、その敵をとにかく悪にし、味方を正義としています。また、けなされてから持ち上げられることで、聴衆の心は大きく揺さぶられます。

ワンフレーズの表現力

スローガンを短くて具体的にし、達成したときの情景が浮かびやすくしています。また、わかりやすくて単純なフレーズを繰り返しています。

夕方に演説を行う

一日の疲労が、精神的、肉体的もピークに達するのは、夕方で、人間の心理的バリアが一番弱まる時間帯とのこと。だから、人々はイライラして落ち着かず、一種の思考低下をきたし、暗示にかかりやすいのだそうです。

 

以上となりますが、

いかに情報をコントロールし、聞き手の感情をコントロールするか。

これがキモのようです。

当時はインターネットもない時代ですから、資本や権力で、情報を偏らせることが、割と簡単だったのかもしれません。

大衆の判断そのものは、間違っていなかったとしても、インプットされた情報が偏っているから・・・

住宅に置き換えたら、家を建てる作業は、例え間違っていなくても、使う材料が悪ければ・・・

つまり、

曲がった柱で家を建てても、曲がった家しかできないように、偏った情報で判断しても、偏った判断にしかなりません。

こういった手法を、良い方に使うか悪い方に使うか、使い方次第で、結果は大きく変わりますね・・・

 

 

おまけ

マンガ界の巨匠・藤子不二雄Ⓐ氏も、短編集で「ひっとらぁ伯父サン」という、ヒトラーの戦略ぶりを、ブラックユーモアたっぷりに描いています。

ひっとらぁ伯父サン

ひっとらぁ伯父サン

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem

1 個のコメント