提案する住宅にストーリーはあるのか?

東京ガスって、あえて感動CMを作ってますよね。

「家族の絆・お父さんのチャーハン」篇

「家族の絆・お弁当メール」篇

でも、なぜこういった感動CMを作る必要があるのでしょうか?

実は、こういった感動のCMをあえて作っているのは、視聴者の感情移入を狙っています。

人を行動させるためには、ターゲットする相手の体験や記憶から、感情を引っ張りだすことが必要になってきますが、現代は、情報がありふれているため、

・最高の●●
・すごい●●
・これまでにない●●

という、具体性のないキャッチコピーでは、現代人には物足りず、自然とスルーされてしまいます。

具体性を出しやすい方法の一つに挙げられるのが、ストーリーで惹きつける方法です。ガスというありふれた商品に、特別性を加えるためには、ストーリーって最適なんです。

STORYS.JP | みんながストーリーを持っている

STORYS.JP | みんながストーリーを持っている

STORYS.JP という、著名人から、主婦、声優、医者、ホストなど、あらゆる人々の一人ひとりのストーリーが投稿されているサイトがあるのですが、ここのサイトを見ると、いかにストーリーが魅力を持っているかがよくわかりますよ。

 

提案している住宅にストーリーはあるのか?

ただ物として家を売っているのと、住まい手ひとりひとりのストーリーを演出するための住まいづくりとでは、雲泥の差がありますよね。住まい手もバカじゃないですから、気付きますよ。

さらに、そのストーリーを伝えるのに、動画という形態は一番形にしやすく、伝えやすいのです。だから、

動画 × ストーリーは、最高の組み合わせと言えます。

動画に限らず、メッセージを伝えるときは、ストーリーを意識すると具体性が増しますよ!

 

失敗する動画パターンはこれ!

今や、動画撮影ツールもお手頃になってきたため、ちょっとした知識があれば、すぐ動画は作ることができます。

上手く使いこなせば、かなりの集客ツールになることは間違いありません。

ですが・・・

「動画にしたら観てもらえる」と思っていたら大間違いです。

情報を伝えるという点においては、費用対効果から考えても、写真や文章で対応できるものは、写真や文章で対応した方がいいです。

建物の事例紹介、インタビュー・・・

これらは、写真や文章で伝えられますので、わざわざ動画で撮影することは、費用対効果から考えても割にあいません・・・また、動画は、飛ばし見ができにくいため、再生時間を半強制的に見せられることになります。だから、冒頭がつまらなかったら、最後まで見てくれません。

下手に動画に手を出すくらいなら、

写真や文章力にチカラを入れたほうが、費用対効果は高くなりますよ。

 

追伸

サントリーのCM、『家族の絆』シリーズも結構好きですよ。

これもウイスキーを通じて得られるストーリーで、訴えかけていますよね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem