アメリカ人も気付き始めた小さな暮らし方

産経新聞大阪本社の編集委員・坂本英彰さんが面白い記事を書かれています。結構、ネットでも話題になっています。

「ウサギ小屋」に住み始めたアメリカ人たち…日本への揶揄どこへ、背景に米国社会の“構造変化”

米国の大都市で「マイクロアパート」と呼ばれる住まいが注目を集めている。日本の「ワンルームマンション」に相当し、なかには台所共有の物件も。背景には景気後退や単身家庭の増加などがある。ゆったりとした広さをモットーとしてきた米国流の住まいも曲がり角。かつて日本を揶揄(やゆ)した「ウサギ小屋」に住む米国人が増えてきた。

かつては広い住まいがアメリカの代名詞で、日本の住居が「ウサギ小屋」と揶揄されていましたが、最近では、景気後退や単身家庭の増加などを背景に、「お金はあまりないけど、これくらいなら払える」という思いから、アメリカの大都市で、「マイクロアパート」に住む人が増えているようです。

マイクロ・アパートメント「SmartSpace」

マイクロ・アパートメント「SmartSpace」

サンフランシスコには、低所得の家庭向けに、「東京も顔負け」の1区画20平方メートル「マイクロ・アパートメント」があります。

このコンパクト傾向は、まだ単身世帯での動きですが、単身世帯でその感覚が行き届けば、彼らが家族世帯になった時、今までのような、米国家庭の典型の郊外の庭付き一戸建てに親子で住むというスタイルは、少なくなりそうですね。

このブログでも取り上げた、アメリカのグラハム・ヒル氏の取り組みに挙げられるように、

「省スペース」「デザイン」「環境負荷」といった、狭くても安価で便利なアパートを求める傾向は、今後も続きそうです。

 

小さな暮らしのすすめ

小さな暮らしのすすめ

  • 作者:月刊『望星』編集部
  • 出版社:東海教育研究所
  • 発売日: 2012-03

 

小さな家、シェアハウス(脱法シェアハウスも含む)など、コンパクトな暮らし方は、日本はかなりのノウハウがあると思っています。暮らしのコンパクト化が海外で進むなら、日本のノウハウが求められても不思議ではないですよね。

脱法・違法シェアハウス例

脱法・違法シェアハウス例

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem

2 件のコメント