地域材=国産材じゃないんだね・・・

 

木造、木造、木造!

 

木造ブーム到来です。

木造技術の進化や、有名建築家の使用、木材利用ポイント事業など、さまざま要因により、
今まで木造に見向きもしなかった企業がここぞと言わんばかりに、使い始めています(苦笑)

先日のWBS(ワールドビジネスサテライト)では、「“木造新時代”の幕開け」ということで、
建築家・隈研吾氏が設計した「サニーヒルズ」などが特集されています。

“木造新時代”の幕開け

“木造新時代”の幕開け

日本の木造建築が転換点にいます。東京・青山に21日にできる台湾のパイナップルケーキ店「サニーヒルズ」は、障子に使われる「地獄組み」を応用した独特の建物です。設計した建築家の隈研吾氏は「木造新時代」と温暖化対策の森が都心にできるとし、木造の大規模建築の有望性も指摘しました。
木造は火に弱く建築に制限がありましたが、2,000年に耐火基準を満たせば大規模建築が可能になりました。2,010年に低層の公共建築を原則木造にする法律が施行。民間では木造建築の大型化が始まっています。
竹中工務店の燃えない木「燃エンウッド」を使った木造の大型商業施設「サウスウッド」が10月に横浜に完成。銀座では先月、三井ホームが「外壁建て起こしシステム」で木造5階建てビルを建設。ヨーロッパで木造ビルに使われる、板を直交させ重ねる「CLT」パネルも日本導入の動きが進んでいます。環境に加え経済性も実現できる可能性があり、木造建築が広がりそうです。

http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/feature/post_56591

木造が見直され、普及することはいいと思うのですが、結局、商社や大手が資本力で囲い込んでしまうんですよね(笑)しかも国産材を・・・需要と供給のバランスが崩れて、木材の値段が上がってしまいます↑

だから、こんなことになってしまう・・・↓

木材利用ポイントの対象地域材に米国産ベイマツ追加

元々、対象地域材は、産地等が証明される木材ということで、

  • 都道府県等により産地が証明されるものや、
  • 民間の第三者機関により認証された森林から産出されるもの、
  • 「木材・木材製品の合法性、持続可能性の証明のためのガイドライン」に基づき合法性が証明されるもの、
  • スギ、ヒノキ、カラマツ、トドマツ、アカマツ、クロマツ、リュウキュウマツ及びアスナロなどの

国産材の普及が目的だったと思うのですが・・・

大手のプレカット工場も言ってましたが、結局、国産材が足りなくなっているようです。正確には生産が追い付かないらしいですね・・・

post_56591
「米国産のベイマツを梁に使用しています。」という日が来る!?

ベイマツがいいのであれば、この際、欧州アカマツ(レッドパイン・レッドウッド)も認めたらどうなんだろうか???国産材が重宝されていますが、一長一短あって、必ずしも国産材が良くて、外材が悪いともかぎりません。

イエシロアリやヤマトシロアリなどの在来種にはヒノキ材がいいのかもしれませんが、アメリカカンザイシロアリにとってみたら、ヒノキ材は好んで食べるようですからね。そろそろ国産材神話を脱するべきですね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem