不覚にも風邪をひいてしまいました。

不覚にも風邪を
ひいてしまいました・・・

昨晩、風邪気味だなと感じたので、
早めの対応ということで、
風邪薬を買いに出かけたのですが、

もう薬局が閉まっていたため、
風邪薬を販売しているナチュラルローソンに
駆け込みました。

風邪薬を選んでいると、
店員さんが寄ってくるんですよ。

「風邪薬をお探しですか?」って。

症状を伝えるのですが、
ひき始めなので、

風邪薬ではなく、
葛根湯系のものを薦められるんです。

今回だけでなく、いつもそうなんですが、

ひき始めに行くから、
葛根湯系のものを薦められます。

でもね、、、

・・・これが効かないんです(苦笑)

騙されたと思って、今回も買いましたが、
案の定効きやしないので、

結局、翌朝、薬局で風邪薬買いました。

なぜ葛根湯を買ってしまうのでしょうか?

多分ですが、

・実はもう風邪をひいているのに、自分では風邪のひき始めと思っている。

・だから、間違った症状を伝えてしまう。

・店員もその情報を元に判断してしまう。

・そして、なんとくなく店員の言うことを聞いてしまう。

ということなんでしょうね(笑)

間違った情報を伝えてしまったため、
相手の判断は間違えていなくとも、
結果として適していないことになってしまう・・・

こういったことは、
住宅でもありますよね。

お客さんも自分がどんな家を建てたいか
意外とわかっていなかったり・・・

だから、わかりやすい「価格」で
判断してしまうようになったりします。

「意外とわかっていない」

結構厄介ですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem