集客しても他社へ流れてしまっては意味がない

実は、視力が悪く、
コンタクトレンズ利用者です。

かなり昔に、自分の不衛生から、
目に小さな傷をつけてしまい、
2年ほどメガネ生活をしていたことがあります。

傷が癒えてからは、それ以来、
半強制的に検査に行かざるをえないよう、
1dayに切り替えました。

で、今使っているのは、
メニコンの定額制・メルスプランです。
http://www.menicon.co.jp/mels/

元々は、メニコンのライバル会社を
利用していましたが、昨年、

たまたま仕事で引っ越しした地域が
そのライバル会社が対応していなくて、
最寄りのメニコンを利用することに・・・

説明を聞いて、興味深かったのが、
「コンタクトレンズの定額制」です。

元々、コンタクトレンズの大手は全て、
その都度の販売型だったので、

ユーザーは、コンタクトがきれそうになると、
他のメーカーに乗り換えるタイミングが
生まれてました。

例えば、いいタイミングで
他社の割引キャンペーンがあったりとか・・・

他社へ乗り換えられると
メーカーとしては痛手ですよね。

ここにメニコンは定額制という考え方を
持ち込んだのです。

メニコンからのエンドユーザー向けの説明は、

月々の費用を払うことによって、
問題が生じた場合にコンタクトレンズを
無償交換しようといったものなのですが、

メニコン側からすると、

・月々の売上の予測がつき、
・レンズがきれそうになったとき、他社へ移りにくい

というメリットがあります。

月々の売上の目途が立つのもいいですが、
なにより、お客さんを失いにくいのは大きいですね。

「お客さんを失わない仕組みをつくる」
ってかなり重要ですね。

自分もよほどのことがない限り、
メニコン以外に移ることはないでしょう。

住宅でも、どんなに集客して集めても、
他社へ流れてしまっては、意味がありません。

さらに、建てる前だけでなく、
建てた後も、つながりを持つことで、
口コミにもつながっていきます。

もちろん、集めることの方が大事ですが、
それを他社へ流さないようにすることも
同じくらい大事ですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem