2013年は「脱」でした。

そういえば、すっかり書くのを
忘れていました。

今さらでなんですが、
2013年の一年を表す漢字が
「輪」でした。

ちなみに、私はというと、
2013年は、「脱」です。

自由にはできない会社を離れ、
独立したこともそうです。
=脱・会社

顔も見せず裏方に徹していたのを
顔写真公開したこともそうです。
=脱・裏方

プライベートでのfacebookなどの
SNSを利用をやめたり、
=脱・SNS

ビジネス書も読むのを止めました。
=脱・ビジネス書

仕事の服も、カジュアルな服から
スーツに変えました。
=脱・カジュアル

細かい部分を挙げると、
まだまだ脱したものはいっぱいあります。

それで、脱したからといって
困ってないんですよね・・・

だからと言って、脱したことが
誰しもに正しい答えともいえません。

つまり、色んなスタンス、やり方、
考え方があるということです。

対お施主さんとの関係にしても、

「理念」や「精神論」みたいなものが
しっくりくる人もいれば、違和感を感じる人もいます。

営業マンと接することに抵抗がない人もいれば、
苦手な人もいます。

和気あいあいとした関係を築きたい人もいれば、
ある程度の距離感がある関係の方がいい
という人もいます。

仕様にしても、

自然素材が好きな方もいれば、
苦手な方もいます。

オープンな間取りで住める人もいれば、
ある程度、間仕切られてる方がいい
という人もいます。

物事には一長一短があるので、
どちらが合っている、間違っている
というのはありません。

よくみられるケースが、

自然素材ばかりに染まっていると、
新建材を全てを否定します。

デザインに染まっていると、
他社のデザインや、
少し不格好な住宅を否定します。

ではなくて、

お互いが得たいことを得ていることが、
正解なんだと感じています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem