施主にこの質問を必ずしてください!

ダメ業者・悪い業者って必ずいますよね。

url

ホームページが流行り始めた時代、WEB制作会社に騙された工務店も多いのではないでしょうか。だから、その見分け方は、とても大切です。

見分け方の重要なポイントになるのが、

“お客様に「どんな問題を抱えているのか?」を聞くかどうか”

ということ。人は抱えている問題を解決するためにお金を払います。

制作業者やコンサルタントが、サービスを提供する前に、「どんな問題を抱えていたのですか?」と質問をしなかった場合、これは、確率的に結果の残しにくい業者と思っていいと思います。

例えば・・・

  • 情報はお客様に提供してもらい、それを当てはめ、デザインを綺麗にして納品するWEB制作会社とかチラシ制作会社とか・・・
  • お客様と業者の2方向でコンテンツを決定してしまうコンサルタント会社とか・・・

これでは、よほど自身ができていないかぎり、結果はついては来てくれません。

お客様に対して、

「どんな問題を抱えているのか?」
「どんな悩みがあったのか?」

という、話を聞く作業は必須です。

実は、この質問すると、結構高い質の情報(素材)を集めることができるんです。だから、この質問は、あなたが制作会社などから聞かれるべき質問であり、あなた自身も施主に聞くべき質問なのです。

見込み客や既存客の事を知らないままでは、いい仕事はできないですし、本当に来てほしいお客さんすら、集客できないですよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で住宅業界のインターネット成功戦略をフォローしよう!

 

以下、スポンサーリンク&PRです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

この記事に興味を持った方はメルマガ登録をオススメします。

年間20棟未満の工務店経営者や、周りとは違う強みを出したい建築士の方へ、集客の仕組みを作るノウハウやマインド、ヒントになる考え方やお得な情報をお届けしています。

sem